開戦前夜

開戦前夜

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

昭和十五年十一月二十五日朝、元老西園寺公望死去を報じる新聞には、野村吉三郎海軍大将の「超大型」駐米大使就任の記事が載った。その朝、引き揚げ日本人客を乗せアメリカから横浜に帰港した新田丸から、二人の米国人神父が上陸する。出迎えたのは予備役海軍少将山本信次郎だった……。対日輸出禁止、渡航制限など、最悪の時期を迎えた日米関係を打開すべく水面下ではさまざまな動きが進むが、現実に進行したのは、相互理解の拒否、善意の拒絶、強圧と屈服要求だった。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
484ページ
電子版発売日
2011年12月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2015年07月17日

    大東亜戦争に流れていく政治的な動きが
    コミカルだけどはた迷惑な民間政治活動
    に影響をうけている様がやるせない
    本当に何とかならんかったのか!
    野村大使は善人だが、かけている部分の
    洞察力が欲しかった・・・アノ時代は特に

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています