神曲奏界ポリフォニカ リユニオン・ホワイト

神曲奏界ポリフォニカ リユニオン・ホワイト

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「グロリアーナの樹」で行った戦闘を咎められ、スノウたちは精霊師学院を退学処分になってしまった。なんとか学院長に会い事情を説明しようと、アナベルやジョッシュと共に学院に戻ろうしたスノウだったが、用事があると側を離れていったブランカは一向に帰ってこない。仕方なく天馬の助けを借り空に飛び立つも、彼女たちの前に島を守る精霊騎士達が立ちはだかったのだ! 契約精霊のいないスノウに戦う術はない。そんな窮地を救ってくれたのは意外な精霊だった……。大きく動き始めた、世界の流れ。スノウたちの進む道の先あるものは――!? 怒濤のシリーズ最新刊!!

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
GA文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2012年08月17日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
4MB

    Posted by ブクログ 2010年07月28日

     GA文庫にカバー裏があるなんて知りませんでしたよ…!(笑)
     もーっ、ブランカ何してんのー!? 緑のがウザいよー! …って思ってたらお嬢様ー!? こりゃコミック版でお嬢様とスノウの絆にほっこりなってる場合じゃないね!
     本編では各コンビの告白タイムがつつがなく(?)進行し、精霊島墜落の危機も着々と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 13件
  • 神曲奏界ポリフォニカ エターナル・ホワイト
    精霊と人とが住む世界。スノウドロップは、名門グラナード家に仕えるお嬢様付きの「超」堅物メイド。彼女は、プリムローズに拾われて以来お嬢様一筋に生きてきた。ある日、年に一度の精霊島にある学校への推薦者を決めるためのコンクールが開催された。優勝すれば、音楽学院への入学が許可され、神曲楽士への道が開かれる。幼い頃より音楽の才能に秀でていたプリムローズは、見事に優勝を果たし、学院への...
  • 神曲奏界ポリフォニカ インフィニティ・ホワイト
    スノウはお嬢様に誘われて新進気鋭の神曲楽士ミナギのコンサートを訪れた。天才と噂される彼の演奏はたしかにすばらしかったが、オリジナル新曲ということで演奏された曲はなぜかスノウに聞き覚えのあるものばかり。それはスノウの過去と関係があるのだった! 精霊島音楽院は夏休み。スノウは、ある日お嬢様に新進気鋭の神曲楽士ミナギの特別コンサートへと誘われた。初めてのコンサートに浮かれていたス...
  • 神曲奏界ポリフォニカ ミッシング・ホワイト
    自分は本当に異邦人で、連れてきたのはおまえなのかと問いただすスノウに、ブランカは何も答えなかった。悲しみと、怒りでおもわず契約解除を言い渡してしまうスノウだったが、それは巧妙にしかけられた罠であったのだ。精霊島に訪れる日蝕。精霊失踪の謎。異邦人の音楽。果たしてそれらの真実は? そしてスノウの選んだ道は!?
  • 神曲奏界ポリフォニカ アニバーサリー・ホワイト
    スノウたちは冬休み、生徒達はみんな故郷に帰り休暇を満喫するが、メイドの彼女はそうもいかない。特に執事のルークはスノウに対して容赦がない。そんなルークには、スノウの知らない事実があった!――その他、冬休み中の出来事を描いた全3作品を収録。スノウたちの通う、中央精霊師学院は冬の長期休暇に入っていた。生徒達は久しぶりに故郷で休暇を楽しんでいたが、メイドのスノウはそうもいかない。学校...
  • 神曲奏界ポリフォニカ エンシェント・ホワイト
    精霊島にある音楽学校、中央精霊師学院に通うスノウドロップは2年生へと進級した。学期始めは新入生の案内やら、試験やらであわただしくすぎる。そんな日々の中、学生たちが楽しみにしている学園祭が近づいてきた。スノウはプリムローズやジョッシュ、デイジー等と音楽カフェを企画した。あれこれと準備に取りかかるが、肝心のカフェの会場が決まらない。思案の末、森の奥にある古びた聖堂が候補にあがり...
  • 神曲奏界ポリフォニカ スパイラル・ホワイト
    よく知っている場所のはずなのに、知っている人は誰もいない……。そこは、200年前の精霊師学院だった。困惑するスノウ達に協力を申し出たのは、学院長の弟パリアだった。彼の案内で、なんとか自分たちのおかれた状況を学院長に説明し、滞在許可を得るスノウ達だったが、なぜ飛ばされてしまったのか、そしてどうやれば戻れるのかわからない。そんな中、平和な学院の外では、きな臭い戦争が勃発しはじめて...
  • 神曲奏界ポリフォニカ マージナル・ホワイト
    200年前の精霊島へ飛ばされ、帰れなくなったスノウ達。身を寄せていた精霊師学園もまた、地上で起こった戦争で閉院を余儀なくされてしまっていた。なんとか戻る手だてを考える中、何故自分たちがここへ、この時代へ飛ばされたのかと疑問を呈するプリムローズであったが――。時空を超え、スノウ達は何を見たのか!? ホワイトシリーズ緊張の第7巻! デイジーとピースのハートフル書き下ろし短編も収録...
  • 神曲奏界ポリフォニカ メモリーズ・ホワイト
    二〇〇年前の精霊島に飛ばされてしまったスノウ達が見たものは、戦争の緊張に揺れる世界だった。自分たちの時間へ帰るべく模索を続ける中、故郷へ戻っていたマーヴェラスに死刑判決が出たことを知る。助けに走るスノウ達だったが、そこには問題があった。――マーヴェラスを助けることは、未来が変わってしまう可能性もある――ということだ。迷いの末に、スノウ達が出した結論とは? マーヴェラスの運命は?...
  • 神曲奏界ポリフォニカ ピュアリー・ホワイト
    生徒会発案の「巫女姫プロジェクト」は、落ち行く精霊島を助けることができると噂される「巫女姫」なる神曲楽士を自分たちの手で探し出そうというものであった。その為に彼らは、長いこと書庫に封じられてきた禁譜も解放するというのだ。しかし、禁譜の恐ろしさを知るスノウは今ひとつ乗り気になれない。が、新たな楽曲をマスターし、強い精霊と契約を結べればそれだけ卒業後の就職も有利になると張り切る...
  • 神曲奏界ポリフォニカ リユニオン・ホワイト
    「グロリアーナの樹」で行った戦闘を咎められ、スノウたちは精霊師学院を退学処分になってしまった。なんとか学院長に会い事情を説明しようと、アナベルやジョッシュと共に学院に戻ろうしたスノウだったが、用事があると側を離れていったブランカは一向に帰ってこない。仕方なく天馬の助けを借り空に飛び立つも、彼女たちの前に島を守る精霊騎士達が立ちはだかったのだ! 契約精霊のいないスノウに戦う術...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「神曲奏界ポリフォニカ ホワイト」に関連する特集・キャンペーン