寿司魂 7
  • 完結

寿司魂 7

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

昭和四十三年──。純情男、拓が東京を去る。出会いと別れの時代、鱒之介と君江の間にも…。江戸前寿司物語。

ジャンル
出版社
日本文芸社
掲載誌・レーベル
別冊漫画ゴラク
ページ数
201ページ
電子版発売日
2013年04月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
60MB

寿司魂 7 のユーザーレビュー

レビューがありません。

寿司魂 のシリーズ作品 全14巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~14件目 / 14件
  • 寿司魂 1
    完結
    605円(税込)
    昭和39年――みゆき族が銀座を闊歩し、新幹線が開通。誰もが「恋のバカンス」を口ずさみ、強く、たくましく生きた。そんな時代の柳寿司、そんな時代の鱒之介、江戸前寿司物語。
  • 寿司魂 2
    完結
    605円(税込)
    銀座の片隅、江戸前寿司に命を懸ける若者がいた。柳葉鱒之介。熱き息吹の中、時は昭和39年から昭和41年に!!
  • 寿司魂 3
    完結
    605円(税込)
    昭和41年、激動の年。あまりにも突然な悲劇。深い悲しみ、そして無力感。気力をなくした鱒之介は、もう一度ツケ場に立てるのか?
  • 寿司魂 4
    完結
    605円(税込)
    父の死――突然の別れ、絶望。悲しみの鱒之介に、手を差し伸べたのは、父の盟友・新見清次郎だった。父の魂を受け継ぐ為、新たな師の元へ!!
  • 寿司魂 5
    完結
    605円(税込)
    昭和42年――悲しみと苦悩の時が過ぎ、再起した鱒之介に運命の出逢いが…。この年、鱒之介は愛を知る…。
  • 寿司魂 6
    完結
    605円(税込)
    寿司だけを握ってきた。寿司のために命を賭けてきた。愛を掌に込めて…。そして鱒之介は愛を知る。誰よりも愛しく思える人に巡り合えた喜びの先に──柳場鱒之介、結婚!
  • 寿司魂 7
    完結
    605円(税込)
    昭和四十三年──。純情男、拓が東京を去る。出会いと別れの時代、鱒之介と君江の間にも…。江戸前寿司物語。
  • 寿司魂 8
    完結
    605円(税込)
    昭和四十四年――。妻・君江、長男・鱚一朗と共に至福の時代――そして、突然やって来た新弟子・直哉。遠い未来にまだ見ぬ三代目に大きな影響を与える男!
  • 寿司魂 9
    完結
    605円(税込)
    『江戸前の旬』特別編の『寿司魂』第9巻は、昭和44年から45年にかけてが舞台となる。 昭和45年といえば、大阪万国博覧会が開催された年。高度経済成長まっただ中の日本の、まさに頂点の年でもあるのだ。 そんな未来への足音が聞こえる頃、恋に破れて(?)銀座を去った『寿司魂』名物男が帰ってくる! 激動の昭和史とともに歩む、大人気寿司漫画の決定版!
  • 寿司魂 10
    完結
    605円(税込)
    もはや『江戸前の旬』のスピンオフというよりも、独立した昭和史漫画の感がある『寿司魂』。 時は昭和45年。長男・鱚一郎に続き、この年は次男・鮭児が誕生し、柳葉家は慶事ずくめ。 親しき人々や常連客たちに見守られて、柳葉家は平穏で順調な日々を送る。 だが、昭和45年という年は、日本全体で見れば様々な事件に溢れていた。 熱き激動の昭和史をお楽しみに。
  • 寿司魂 11
    完結
    605円(税込)
    大阪万博にわいた昭和四十五年。この歓喜と勇躍の年は、三島由紀夫の自刃という衝撃の事件の余韻とともに幕を閉じる。時は流れ昭和四十七年。数多くの出来事が起こるこの年は、日本中が固唾をのんで注目した、昭和の大事件「あさま山荘事件」で幕を開ける。高度成長の波の中起きた様々な事件。激動の時代を必死に生きる鱒之介や周囲の人間の目には、果たしてどう映るか。寿司を通して昭和を見る本作も、新...
  • 寿司魂 12
    完結
    605円(税込)
    史上に残る大事件「あさま山荘事件」で幕が開けた、激動の昭和四十七年。二十代後半という、職人としても人間としても脂の乗り始める年齢となった銀座“柳寿司”二代目・柳葉鱒之介。沖縄返還、田中角栄総理の誕生、日中国交正常化等、国内外が大きく変化する中、鱒之介は江戸前寿司職人として、日本人として、矜持を胸に納得のいく寿司を握り続ける。様々な出来事の中で描かれる人間ドラマ、待望の最新刊。
  • 寿司魂 13
    完結
    605円(税込)
    歴史的な事件や出来事が続いた激動の昭和四十七年、柳葉家も、ある騒動が起こりつつ暮れを迎える。そして時が流れ、世間が“ロッキード事件”に揺れる昭和五十一年。前年に待望の女の子、真子が生まれ、幸せに包まれている柳葉家。だが、悲劇の芽は、鱒之介の気付かぬところで既に現れていた…!!様々な物事が急激に発展してゆく昭和五十年代、生粋の江戸前寿司職人・柳葉鱒之介は、どんな寿司を握るのか?時は...
  • 寿司魂 14
    完結
    605円(税込)
    時はいよいよ昭和五十年代に突入し、その握りの技、姿勢に、円熟味を帯びて来た銀座柳寿司二代目・柳葉鱒之介。心臓に病を抱えながらも、そんな夫を支える、妻・君江。既に三人の子宝に恵まれ、心臓への負担を考えれば、もう子供を産むべきではないと父に言われていた君江だが、その事実を鱒之介達には隠していた。そんな中、君江のお腹に新たな生命が…。その子こそ、後に柳寿司三代目となる“特別な子”、旬...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています