棒ふりのカフェテラス

棒ふりのカフェテラス

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

指揮棒一本小脇に抱え、世界を股に大活躍している筆者がこれまでに会った音楽家たちの中から27人を選び、彼らとの心に残るふれあいをユーモラスなタッチで描いた交遊録。国電を止めろ! と怒ったスーパースター・カラヤン、遊びもパワフルなマエストロ・バーンスタイン、パンツ1枚になってリハーサルにはげんだ巨匠リヒテル、バラの花束と派手なパジャマで失恋をなぐさめてくれた親友・山本直純など、気高くて、野蛮で、優しくて、どこかおかしい天才たちがぞくぞく登場する。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
シリーズ
棒ふりシリーズ
ページ数
256ページ
電子版発売日
2011年11月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

棒ふりのカフェテラス のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年11月23日

    超豪華なイニシャルトークです。
    著名な演奏家や指揮者の話は貴重だが、それよりも音大生だった頃の青春めいたページの方が岩城さんらしくて好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    N響の指揮者を務めていた岩城さんが、名前のアルファベット順に、自身の関りある音楽家・音楽関係者を紹介したエッセイ。紹介されている音楽家たちの個性が生き生きと伝わってきた。美しく完璧な演奏をする人ほど実は普通の人よりもずっとそれぞれに人間臭いものを持っている。音楽に深く関わり職業にまでしてしまう人達が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています