あたしが海に還るまで

あたしが海に還るまで

作者名 :
通常価格 499円 (454円+税)
紙の本 [参考] 502円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「もう、父親にやられてんの、いやんなっちゃったし」性暴力を続ける義父と、見て見ぬふりをする実母にうんざりして、16歳で家を出た静子の凄絶な青春時代。逃避行、東京への出奔、セックス、中絶、旅館の住み込みからスナックのホステスとなり、マンガ家や歌手への夢を抱いて再び上京、レーサー崩れの男との結婚・破局まで、激流のような、辛苦と希望が交錯する日々。映画化された話題沸騰作『ファザーファッカー』とともに、内田春菊の原点を描く傑作小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2011年11月04日
紙の本の発売
1997年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

あたしが海に還るまで のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     「ファザーファッカー」の続編。これもよく読んでた。まあ続編くらい出るよね。
     ファザーファッカーほどは入り込んでなくて、静子が仕事をしはじめてからを書いてるんだけど、読んでるとまあよく流されること流されること。若いから仕方ないのかもだが、こんなに大人に恵まれない若者がいるんだなあ、という感想。もち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ファザーファッカーの続編。
    これもまた、読んでから暫く気持ちが浮上することが出来ませんでした。
    相変わらず静子の語り口調は淡々としているけれど、なんかスレたかな、とも思った。
    自分のやりたいことに進もうと頑張っているのにいろいろ邪魔が入って、でも静子もわりとすんなり諦めてる気がします。
    静子は精神的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月03日

    ファザーファッカーの続編
    家出から連れ戻された主人公ら、また家出をし、東京にでて結婚、離婚を経験する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ファザーファッカーの続編。疾走し続ける主人公は、自分とかけ離れているようでいて、身近だったりする。女性の雑草みたいな強さってこんな感じなのかな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています