4つのタイプ コーチングから生まれた熱いビジネスチームをつくる

4つのタイプ コーチングから生まれた熱いビジネスチームをつくる

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

作品内容

実行力で人も場も支配しようとするコントローラータイプ。
注目こそが、やる気の源のプロモータータイプ。
合意と協調が何より大事のサポータータイプ。
冷静沈着に現状を分析するアナライザータイプ。

あなたはどんなタイプですか?

どんな組織にも存在する、この4つのタイプを正しく理解することが、
ビジネスや人間関係を成功させるうえで、大きな意味を持っているのです。

本書に書かれているタイプ分けは、CSI(Communication Style Inventory)と呼ばれる手法で、
数多くの企業で行われたコーチング研修の大人気セッションを紙上公開したものです。

自分がどのタイプに当てはまるかが、わかるだけでなく、
タイプ別の相性や、コミュニケーションのコツが詳細に示されています。
なぜか相性が悪い、反応が悪い、思い通りに動いてくれない上司や部下、家族に対して、
本書に書かれている方法を試してみてください。

「どうして、この人とはこんなにつき合いづらいんだろう」
「どうして、この言い方でわかってくれないんだろう」
「なぜ、あの人にはこれでうまくいったのに、この人には通用しないんだろう」

そんなストレスから解放されて、円滑にコミュニケーションをとることが
できるようになるでしょう。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
ページ数
173ページ
電子版発売日
2011年10月21日
紙の本の発売
2002年09月
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

4つのタイプ コーチングから生まれた熱いビジネスチームをつくる のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月12日

    読みやすい文体かつ難しい言葉も出てこなかったので2〜3時間で読み切ることができた。

    それぞれのタイプの特徴・接し方が具体的にわかりやすくまとまっていたのですんなりと理解できた。また、上司・部活・クライアント、それぞれの立場で4つのタイプの人と出会ったときにどうすれば良いのか、場面分けして書かれてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月28日

    自分がアナライザーだとは思わなかった、サポーターだと思っていた。
    確かに理詰めで動く辺りはアナライザーそのものだ。
    仕事柄コントローラーを演じようとする場面も多くある。
    一番憧れるのはサポーターだ。
    職場で接する人を分析して、上手く人間関係を築こう。
    これは使えるぞ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月30日

    初めてコーチングを知った1冊

    人付き合いが苦手だった私には、職場での人間関係を円滑にする とても素晴らしい考え方でした。

    ちなみに、わたしは プロモーターよりのサポーターです。

    あなたは どのタイプですか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月04日

    人のタイプによっての考え方の違い。

    また得意や苦手もわかりやすく説明されている本です♪


    もちろんこに人がすべて当てはまるようなものじゃありませんし、すべてではありませんが、うまく行っていない場合参考にしてみるととても役に立つんじゃないかなと思います♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月29日

    【総評】
    知っている人は知っている、DiSK理論の本。自己主張の強さと、感情表現の強さの2軸から、人の性格をControler、Analyser,Promoter,Supporterの4タイプに分け、それぞれのタイプの特性を論じた物。

    少し前にこの理論に興味をもち、本書を購入した。非常に読みやすく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    コミュニケーションスタイルとして「自己主張」および「感情表出」の2軸を設定し、人間を4つのタイプ(コントローラ・プロモータ・サポータ・アナライザ)に分けることができるとした上で、タイプ別に適正なコミュニケーション方法を説明している。自分自身はこの考え方に納得できたので、実際に周りの人たちをタイプ分け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月15日

    私はどうやらプロモーター?
    会社の研修で同じようなことをしたので
    興味持って読んでみた

    自分の傾向を知ると同時に
    職場やビジネスで関わる人のタイプを見分けることで、
    どういったアクションや行動がより
    コミュニケーションを円滑にできるか
    参考になります

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月23日

    人のタイプを、コントローラー、プロモーター、サポーター、アナライザーの4つに分け、それらの特徴を挙げていく。なかなか、面白いカテゴライズで、思い当たることも多く、面白い。特にそれぞれのタイプの相性への記述は、思わず「あたってるー」。良いチーム作りのために、ご参照を。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月03日

    タイトル通りの本

    さらっと読めて、わかりやすい。

    だからどう?という解決には程遠いが、それぞれのタイプを理解し、対策を考えるためには十分だと思う。

    この手の本は色々でているが、4つの切り口であること、体験談があげてあるが、理解するイメージを簡単に広げてくれた。(既に他の本でより詳しい事を理解し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月16日

    実際のプロジェクトで実践したが本書の通りのタイプ分けができた。但し、実際は2分野に跨ったハイブリッド型のコミュニケーション類型がほとんど。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング