職場は感情で変わる

職場は感情で変わる

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ベストセラー『不機嫌な職場』の解決編登場! 「感情の連鎖」に注目することから良い職場・組織づくりは始まる。自分たちの職場・組織に合った連鎖を生み出す方法を具体的に解説。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2011年09月16日
紙の本の発売
2009年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

職場は感情で変わる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年11月21日

    まさに今、職場の雰囲気を変えよう、ギスギス職場を変えよう、という取り組みをしている最中だったので、心底腹落ちしました。

    みんな自分を守ろうとして、無関心を決め込んだり、今の状況では良くないと思いつつも、誰も変えようとしないあるいは自分に変えられるような能力はない、と決めつけている雰囲気がありました...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月29日

    職場は感情で変わる (講談社現代新書)
    2009/9/17 著:高橋 克徳

    著者は㈱ジェイフィール執行役員。大学院卒業後、㈱野村総合研究所、ワトソンワイアット㈱を経て、㈱ジェイフィールの設立に参画。人間本来の力が輝く経営の実現を支援すべく、人材育成・組織改革手法の開発や研修・講演・コンサルティング...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月12日

    職場全体が一つの感情を共有しており、その目に見えない感情が、自分の行動に少なからず影響を与える。
    本書は組織感情を整理して、良くなるための具体的な方法が書かれているのが良いと思う。
    「不機嫌な職場」からの引用が多いので、そちらも読んだ方が良いのかも知れない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月27日

    組織には感情がある。と薄々感じてはいても、うまく言語化できなかったことを、すごくわかりやすく具体的に書いてくれていると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月23日

    たとえポジティブな感情でも、その感情崩壊ラインを越さないように組織感情に気をつけて、イキイキとあたたか感情を高めていこうという内容。確かに同感。ただ、町工場的な会社ではどのように実際展開していけば良いのか?と思ってしまいました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月11日

    組織は、そこに関わる人たちを幸せにする一つのツールでしかありません。

    しかし、組織は時に人の活力を奪い、人のこころや身体の健康すら奪ってしまう。

    だからこそ、そうならないために、そこに関わる人たちが自分たちの手で組織をマネジメントする必要があるのです。

    序文より引用

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月13日

    同じ著者を何冊も読んだので、内容がかぶってやや飽きたが、にしても、大事なことだから何回も読んでよし。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月06日

    「こうでなければいけない。」「こうあるはずだ」

    という自分の中にあるものの見方、決めつけを一回緩める。

    自分の許容範囲を拡大してみる。



    そうすると、物の見方も変わる。



    良い職場、組織にとって一番大切なこと

    自分がだれかの役にたった。誰かの力になった。

    そんな思いを持てる関係、つな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月17日

    職場を「イキイキ感情」「あたたか感情」「ギスギス感情」「冷え冷え感情」の4つに分類し、いかにしてイキイキ感情やあたたか感情を持つ職場にするか、を説明している。もっとも、良い感情でも度を越すと問題がある、ということを説明。ある程度は納得。
    私が興味深かったのは、「情動」という直接的な出来事に対する反応...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    周りがどうあろうが自分だけが前向きに頑張れる人は本当に強い人なのだ。
    ・一人ひとりの高い意識と能力
    ・みんなで何かに向かっていく一体感
    ・お互いの力を引き出しあう関係
    ・お互い支え会う関係
    ・心の支えになる場
    ・埃が持てる職場
    わくわくする会社のビジョン。仕事が面白い、職場が楽しい、会社が楽しい。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています