戦国大名 県別国盗り物語 我が故郷の武将にもチャンスがあった!?

戦国大名 県別国盗り物語 我が故郷の武将にもチャンスがあった!?

作者名 :
通常価格 850円 (773円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

天下人となるチャンスが誰にでもあった動乱の時代に、我が故郷の武将は一体どうしていたのだろうか。応仁の乱ののち割拠する有力大名や、新進の織田軍団による天下統一だけが戦国ではない。地方各地にくまなく目を向ければ、室町体制のなかで生き残りをかけ、勢力拡大を目指した武将たちの姿がみえてくる。本書は、全国の戦国大名の野望と動向を丹念に調べ尽くし、「戦国」の裏側を描き出す。そこから浮き上がってくる信長・秀吉・家康それぞれの「天下盗りの論理」とは!?  47都道府県からみた戦国ダービー開幕! 目次より…武田信玄が上洛しても室町時代は終わらなかった/水攻めの発明者は畠山義就/泥棒した茶道具で生き残った秋月の殿様/島津氏が頼朝の子孫を称する意味/関西系インテリ、やり手専務だった太田道灌/しぶとく生き残った出羽の豪族たち/信長は平清盛の再来とみられていた/秀吉とナポレオンの共通点は/足利義昭の死が家康に天下を取らせた

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
344ページ
電子版発売日
2011年09月16日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
5MB

戦国大名 県別国盗り物語 我が故郷の武将にもチャンスがあった!? のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    戦国大名といえど、過去の歴史を引き継いでいることを感じさせてくれます。
    鎌倉幕府において御家人だった、領主が在地の領主と争い、一国の大名とのし上がっていく姿は、過去の歴史あってのものだと感じました。
    戦国大名のその後の興亡も楽しみではありますが、戦国大名の下地をつくった御家人のをもっと勉強したくなり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月28日

    主に室町時代から江戸時代までの各県別大名の攻防史を記述した一冊。

    戦国織豊時代は割と知ってても、それ以外の時代や、中部・近畿地方以外については知らないことが多く、勉強になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    至らない点もあるらしいんですけど、私にとっては至れり尽くせり。時間軸と家系図と勢力圏が徐々に頭の中で繋がって行くのが分かりやすいです。残念なのはこの知識が現代生活でなかなか活躍しないという点ですか(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    着眼点がおもしろい。歴史上語ることの多い大名や地域に注目するのではなく、派手な争いをすることなく、周囲の風を見極めながらしぶとく生き抜いた様々な大名、武士の姿を特定の地域にこだわらずに、まんべんなく描くことを狙って作成された本。著者の経歴にも興味を持った。いわゆるお役人さん。かなりの要職も務めている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月12日

    概説のように、時代区分を簡単に言い切ることは大切だな
    県別は土地に根差したのが戦国大名だから大事な話

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています