ゴミ箱から失礼いたします

ゴミ箱から失礼いたします

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

僕の名前は小山萌太。ごくごく普通の高校二年生、のはずだった。ある日ゴミ箱と出会うまでは……。ゴミ箱は神々しく美しく、僕の心をとらえてしまった。その中に自分が入っていないことが不自然だと感じてしまうほどに。そして僕はゴミ箱の中に入った。不思議な満足感に満たされた僕は、ゆっくりと目をつぶった――って、おかしい! なぜ僕はゴミ箱の中に入っているんだ!? しかも出られなくなってる! そんな僕の前にクラスメイトの少女・水無氷柱があらわれる。そして彼女は言った。「あなたは、妖怪ゴミ箱男よ」って、なにその残念な妖怪!? 風変わりな学園コメディ、ゴミ箱から登場!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
MF文庫J
電子版発売日
2011年09月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

ゴミ箱から失礼いたします のユーザーレビュー

    購入済み

    とりあえず1巻読了

    nanjyo 2020年06月03日

    訳解らんヘンテコなストーリーだなぁ〜
    でも嫌いではない。
    アホみたいな設定であっても、文章として問題なければそれなりに愉しく読める。
    ただ、個人的にはまだまだ中途半端な感じのヘンテコさではあるけど。
    さて2巻へ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月08日

    全4巻完結。
    ゴミ箱になった男の子に女の子が入ったり、全裸が沢山出てきたりして、とても良かった。
    ちょっと、ドクロちゃん気味の会話も良かった。
    最後の氷柱にキュンとする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月25日

    割と無茶な設定のわりに背伸びしてないストーリー展開で想像していたよりも面白かった。その背伸びしてない感が好印象。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月11日

    『えむえむ』の1巻を思わせる作品
    変に「萌え」を使わずゴミ箱という道具立てを上手く活かし
    コメディとして良心的にまとめて好感
    次の作品も読んでみたい

    このレビューは参考になりましたか?

ゴミ箱から失礼いたします のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • ゴミ箱から失礼いたします
    僕の名前は小山萌太。ごくごく普通の高校二年生、のはずだった。ある日ゴミ箱と出会うまでは……。ゴミ箱は神々しく美しく、僕の心をとらえてしまった。その中に自分が入っていないことが不自然だと感じてしまうほどに。そして僕はゴミ箱の中に入った。不思議な満足感に満たされた僕は、ゆっくりと目をつぶった――って、おかしい! なぜ僕はゴミ箱の中に入っているんだ!? しかも出られなくなってる! そ...
  • ゴミ箱から失礼いたします 2
    僕の名前は小山萌太。ごく普通の高校二年生だった。ゴミ箱の中に入っていないとゴミ箱になってしまうという「妖怪ゴミ箱男」になってしまうまでは。でも、そんな状況も仲間たちと乗り越え、僕は人間に戻ることができた。ごく当たり前の生活ができるってすばらしい、そう思っていたけれど――ある朝起きたら身体がゴミ箱になってる!! 解決したと思っていたのにいったいどうして!? とあわてていたら、生...
  • ゴミ箱から失礼いたします 3
    なんか色々あって「ゴミ箱から出られなくなる」という意味不明な生活を送っている僕こと小山萌太は、クラスメイトの河原彩音の待ち合わせ場所に急いでいた。というのも、彩音とデートをする約束をしたためだったからだ。でも今日の僕はちょっと違う。なんと自分の足で歩いているのだ! 妖怪封印の箱を使わせてもらえなかったから、1時間の時間制限があるけれど。そんなわけで1時間限定デートに出かけた...
  • ゴミ箱から失礼いたします 4
    ゴミ箱の中に入って出られなくなる「妖怪ゴミ箱男」という大変残念な存在になってしまった僕こと小山萌太。でも、色々な人と仲良くなれたり、将棋部の仲間もできたりと、意外とゴミ箱ライフも悪くないかもと思っていた。でも『水無氷柱誘拐事件』(氷柱命名)が解決した後、僕と氷柱の関係はちょっとギクシャクしている。さらには彩音や沙紀さんまで絡んできて、ますます大変に! そんなある日、僕は氷柱...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ゴミ箱から失礼いたします に関連する特集・キャンペーン