恐怖の海 東尋坊

恐怖の海 東尋坊

作者名 :
通常価格 559円 (509円+税)
紙の本 [参考] 565円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「私は殺されました。恨みます──」家の留守番電話に連日、吹き込まれていたメッセージ。しかし、その女はもう殺されていた。死者からのメッセージの謎を解くため、日下刑事は単身、東尋坊にとんだ。表題作以下、毒殺された鯉が釣れる富士西湖、自殺が相次ぐ昇仙峡、幽霊を見にいった客が溺れる繋温泉……名勝をめぐる、傑作トラベル・ミステリー全4篇を収録。おなじみの十津川警部と同僚の刑事たちが難事件に挑み、鋭い推理が展開される。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
シリーズ
十津川警部シリーズ
ページ数
336ページ
電子版発売日
2011年08月19日
紙の本の発売
1997年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

恐怖の海 東尋坊 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年12月18日

    この話は一本の留守番電話に死者から謎のメッセージが吹き込まれていて、その謎をといて行くミステリー小説です。読んでいると色々な謎がとけていくので面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by 読むコレ 2016年07月27日

    恐怖の海 東尋坊
    恐怖の湖 富士西湖
    恐怖の清流 昇仙峡
    恐怖の橋 つなぎ大橋

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年08月11日

    短編四話。

    標題(収蔵単行本名)
    恐怖の海 東尋坊
    恐怖の湖 富士西湖(十津川警部捜査行 殺意を運ぶリゾート特急)
    恐怖の清流 昇仙峡(十津川警部 湯けむりの殺意)
    恐怖の橋 つなぎ大橋(日本列島殺意の旅 西村京太郎自選集4)

    「恐怖の海東尋坊」は、日下刑事の留守番電話に殺されるとの伝言。

    このレビューは参考になりましたか?

恐怖の海 東尋坊 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング