愛と憎しみの高山本線

愛と憎しみの高山本線

作者名 :
通常価格 519円 (472円+税)
紙の本 [参考] 523円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

〈次の月曜日に、Aを爆破する K〉予告状が警視庁に送られた直後、成田空港のロビーで爆破事件が起きた。AとはAirportのことだったのか。では署名のKとは誰なのか? 愉快犯による犯行、と思われた事件だが、B、Cと犯行が進むにつれ、別の可能性が……一連の犯行は何のため? 本部長の意向に背いて、十津川警部は相棒・亀井と独自捜査に取り組む。表題作ほかトラベル・ミステリーの傑作、全4篇。日本各地の鉄道を舞台に、愛の果てに起きた犯罪を十津川警部が追う!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2011年08月19日
紙の本の発売
1993年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

愛と憎しみの高山本線 のユーザーレビュー

    Posted by 読むコレ 2016年07月27日

    愛と裏切りの石北本線
    愛と孤独の宗谷本線
    愛と憎しみの高山本線
    愛と絶望の奥羽本線

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年01月17日

    短編集。
    その中で、「愛と憎しみの高山本線」は、突然高山本線の話題がでてきて、やや唐突感があった。
    もう少し、伏線をいろいろ仕込んで欲しかった。
    あるいは、伏線に気が付いていないだけかもしれない。

    3度読んだら、また感想を書き直します。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

愛と憎しみの高山本線 に関連する特集・キャンペーン