2015年の電子書籍 現状と未来を読む

2015年の電子書籍 現状と未来を読む

作者名 :
通常価格 1,496円 (1,360円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

書籍の電子化により、紙とインクの世界はどう変わっていくのか。書籍の電子化の動向を、NRIのメンバーがきちんとした定量データと独自の分析から明らかにする。
変化に踊らされるのではなく、現状をしっかりと見きわめ、冷静かつ客観的に未来市場の展開を予測。海外事情のデータも豊富で、今後の電子書籍ビジネスがどう変わっていくのかが明瞭にわかる一冊。本書は、2011年3月に東洋経済新報社より刊行された『2015年の電子書籍』を電子書籍化したものです。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
208ページ
電子版発売日
2011年09月30日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
9MB

2015年の電子書籍 現状と未来を読む のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年02月18日

    電子書籍についての詳解本。

    電子書籍端末そのものの情報、電子書籍に関わる各業界や企業、書籍・雑誌・新聞・音楽などのジャンル、さらに海外事情まで幅広く、かつ細かく網羅されている。
    電子書籍について知るには最適の本。

    これまでの「書籍(=テキスト・パッケージ・コンテンツ)」の枠には入らない、メルマガ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月13日

    今現在の電子書籍市場の分析を
    野村総研が豊富なデータを元に行った書籍。

    「2015年の電子書籍」と銘打ってはいるものの、
    あくまで現状分析と海外との比較で
    2015年はこうなる的な予想・分析はほぼ皆無。

    ただ、電子書籍について書かれた本にありがちな、
    感情論による楽観論・悲観論、理想論ではなく、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月21日

    説得力がある。
    書籍にとどまらず新聞や雑誌、また教育への影響から日米比較までうまくまとまっていて読みやすかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月08日

    資料集、データとしてよくまとまってるイメージ。関連業界への影響として、製紙メーカーの話のときに、重量ベースでいかほどってちゃんと書いてたあたりも好印象。2011年4月時点での現状報告として。この先どうなるかは、自分のアタマで考えなきゃだな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年10月23日

    電子書籍専門での未来予想図。ドストライクのネタなので即購入。さまざまなデータが網羅されていました。

    まだまだツールとして未完成な電子書籍関連ですが、これから劇的なイノベーションが起こりそうです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年10月03日

    電子書籍の今と今後の予想がグラフなどを使い分かりやすく書かれていた。
    電子書籍が他のメディアや法人などに及ぼす影響や、韓国の教育現場での電子書籍の進歩が特に興味深かった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています