グーグル 10の黄金律 天才が集まる会社の仕事術

グーグル 10の黄金律 天才が集まる会社の仕事術

作者名 :
通常価格 679円 (618円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

世界最大の無料検索エンジンを筆頭に、「グーグルアース」「Gメール」「アドセンス」「ストリートビュー」など、革新的なサービスを生み出すグーグル社。1998年の創業以来、破格の急成長を続けている。テレビや新聞といった既存メディアから従来のビジネスモデルの“破壊者”として恐れられる一方で、全世界から多くの天才が集まる“エンジニアの楽園”としても名高い。本書は、「誰が勝者になるかは、ユーザーが決める」「予備知識が多すぎると、イノベーションを阻害しかねない」「好奇心、熱意は人から人へと広がっていく」など、共同創業者のラリー・ペイジやサーゲイ・ブリン、会長のエリック・シュミットらグーグル社幹部の言葉をもとに、優秀な人材を集め、その能力を最大限に発揮させる独自のメソッド“10の黄金律”を解説していく。「採用は全委員で」「あらゆる必要を満たせ」「邪悪になるな」など、他社を圧倒する強さの秘密が明らかに!

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
200ページ
電子版発売日
2011年07月08日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

グーグル 10の黄金律 天才が集まる会社の仕事術 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年10月23日

     “世界中の人が世界中の情報を無料で手に入れて有効に使えるようにする”

    Googleのあり様は、この一言に全て集約されていると思います。
    こちらは、そんなGoogleの理念を「10カ条」にまとめた一冊。

     曰く「採用は全委員で」
     曰く「あらゆる必要を満たせ」
     曰く「一カ所に詰め込め」
     曰く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月22日

    久しぶりにヒットした!
    こだわりを持つことがやはり重要。これを読むとGoogleのヒットは運もある。でも運・人を呼び込む人柄が重要
    ヒットを生むには一人ではだめで、人に認められるようにするにはどのような行動が必要かを教えてくれた

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月19日

    グーグルは特別な会社か?

    そうではないことが読めばわかる。

    しかし、大半の会社がグーグルとはまったく違う。

    この差はなんだ?読めばわかります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月21日

    この手の本は山ほど出ているので、それ程期待せずに読んだが思ったより良い内容だった。
    各黄金律に関わる創業者らの発言が小見出しになっていて、それに対応する見解が概ね2~3ページに纏められているので、一話簡潔型で読み易い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月15日

    一節が基本見開き1ページで書かれており非常に読みやすいです。内容もわかりやすく書かれていて、参考になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月29日

    グーグル関連の書籍は随分増えました。
    本書は、グーグルの役員の考え方、社風をいわゆる日本ビジネスマン好みの格言的にまとめた本で、PHP出版らしいなあというところです。
    実際のところ、グーグルには10ヶ言なるものは存在するようです。
    しかし、かなり日本語化に当ってかなり意訳しているとのことです。
    ・採...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月30日

    グーグルが強い理由は?

    →企業はどんなビジョンを掲げるかでどんな人を採用できるかが決まってくる
    事業の成否はシンプルなものを作り出せるかどうかで決まる
    好奇心、熱意は人から人へと広がっていく
    ユーザーは常に正しいと考え、ユーザーに違和感のないシステムを作るべき

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月05日

    日本語のところより、むしろところどころにある英語のところの方を読んでました。英語のところは日本語の解説もあるし、難しい専門用語もないので経営学部や経済学部の大学生のかたにおすすめします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月29日

    全然これが足りないな、うちは。
    これを1対1で営業が行うのではなく、もっとマスでできないとキャズムを超える爆発的なシェア拡大は難しいのではないだろうか。
    >仕組みや技術が複雑になる時代に複雑なものを複雑なまま届けるようでは支持を得られない。複雑なものをシンプルに使いやすく提供できるかどうかが製...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています