地獄の奇術師
  • 値引き

地獄の奇術師

作者名 :
値引き価格 491円 (税込) 5月30日まで
通常価格 702円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

十字架屋敷と呼ばれる実業家の邸宅に、ミイラのような男が出没した。顔中に包帯を巻いた、異様な恰好である。自らを「地獄の奇術師」と名乗り、復讐のためにこの実業家一族を皆殺しにすると予告をしたのだ。「地獄の奇術師」の目的は何なのか? 女子高生で名探偵、二階堂蘭子の推理が冴え渡る、本格探偵小説!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
552ページ
電子版発売日
2011年07月08日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「地獄の奇術師」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年07月18日

黎明期の二階堂蘭子。
その友人、黎人が書き手となり、連続殺人事件の謎を解き明かす。

描写にぞっとするところもありなかなか読み進められず日数がかかってしまったけれど。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月06日

犯人の一人は途中でわかってしまったし、トリックもわかりやすかったけど、久しぶりにのめり込んだミステリー。この作者の他の本も読んでみたい!多分、横溝正史っぽい雰囲気が気に入ったのだと思うけど、ドキドキしながら読めて、面白かった!ただ、最後に明かされた、犯人の真意は、ちょっとこじつけっぽくて、よくなかっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年07月06日

二階堂蘭子シリーズ


暮林家連続殺人事件。顔の皮をはがれた女。三重密室で殺害された男。
暗躍する「地獄の奇術師」と名乗る怪人物。
暮林家が帰依するキリスト教の神父ダマンに隠された秘密。

 1997年9月11日購入

 1997年10月27日初読

 2009年6月25日再読

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月25日

二階堂蘭子シリーズの1作目にしてデビュー作、僕と同い年のミステリ。
序盤から漂う乱歩を想起させる奇怪さは古き良きミステリを思わせ心躍る。蘭子や黎人のキャラクターも良く、ストーリー展開も飽きさせず読みやすい。
謎解き面については、犯人は当たったがトリックは一部判らなかった。しかしそもそもトリック自体は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月08日

『お前の力なぞ、悪魔の力の前にはまったく無力なのだ。お前は今、こうして悪魔と戦って死ぬのだをお前の体を突き抜けたこの燭台の形を見てみろ。ちょうど十字架のようではないか。お前はここで、愛する神と共に地上より滅びるのだ?』

こういうセリフがなぜか懐かしく感じる。もう25年以上前の作品なんだな。二階堂黎...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「地獄の奇術師」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,482

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!