偽りの任務 ラブ&ミッション I

偽りの任務 ラブ&ミッション I

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

★わたしは彼を待っていたの。生まれてから今までずっと。★社会には存在すら知られていない政府系秘密組織<SPEAR>。その諜報員アリーに新たな指令が届いた。元諜報員であるイーストを現場の仕事に復帰させろというのだ。イーストは現在カリフォルニアにいて、太平洋を望む海岸に立つ瀟洒なホテルの支配人をしている。妙な任務をいぶかりながら、アリーは保養休暇を装い、<コンドル・マウンテン・リゾート>へ向かった。ずばぬけた知性と冷静な判断力を持ち、これまで任務に失敗したことのないアリーだが、今度の任務は思った以上に困難なものになりそうだった。ひと目見ただけで、イーストに心を奪われてしまったから。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ハーレクイン・ロマンス小説
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
シルエット・ラブ ストリーム
ページ数
224ページ
電子版発売日
2011年06月24日
サイズ(目安)
1MB

偽りの任務 ラブ&ミッション I のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

ラブ&ミッション のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 偽りの任務 ラブ&ミッション I
    ★わたしは彼を待っていたの。生まれてから今までずっと。★社会には存在すら知られていない政府系秘密組織<SPEAR>。その諜報員アリーに新たな指令が届いた。元諜報員であるイーストを現場の仕事に復帰させろというのだ。イーストは現在カリフォルニアにいて、太平洋を望む海岸に立つ瀟洒なホテルの支配人をしている。妙な任務をいぶかりながら、アリーは保養休暇を装い、<コンドル・マウンテン・リゾート>へ向かった。ずばぬけた知性と冷静な判断力を持ち、これまで任務に失敗したことのないアリーだが、今度の任務は思った以上に困難なものになりそうだった。ひと目見ただけで、イーストに心を奪われてしまったから。
  • 愛という名の疑惑 ラブ&ミッション II
    ★愛してはいけない。あの男の妻となり、彼を破滅させるために近づいたのだから。★政府系秘密機関<SPEAR>の諜報員レイチェルのもとに、ある日、次の指令が届いた。”武装組織<血の兄弟>に潜入し、そのリーダーであるケイレブ・カーペンターによる謀略の全貌を探れ。そして、<SPEAR>の壊滅をもくろむ謎の人物サイモンとカーペンターとのつながりを明らかにせよ” ケイレブが勢力拡大のために妻を求めていることを利用し、レイチェルは花嫁候補として、首尾よく彼のアジトへ乗りこんだ。彼女は着々と調査を進めつつ、ケイレブがときおり見せる思いがけないやさしさにかき乱される。冷静になりなさい!彼は凶悪なテロリストのリーダーなのよ。理性の声とは裏腹に、ケイレブに惹かれていくレイチェル。そんな彼女を襲ったのは、何者かがしかけた恐るべき罠だった。
  • 砂漠の熱い夜 ラブ&ミッション III
    ★思いがけない再会には、隠された目的があった。★考古学者ノーラは、シナイ半島で遺跡発掘調査をしている。そこへ視察のためにある男性が派遣されてきた。彼を見て、ノーラはわが目を疑った。一カ月前、重傷を負って砂漠で倒れていた人……。ノーラが命を救ったアレックス・ボークだ。思いがけない再会にとまどいながらも、胸を躍らせるノーラ。彼もまた、恩人であるノーラを忘れられないでいた。井戸の爆破や銃撃戦が起こり、発掘場が不穏な空気に包まれる中、互いに惹かれあうふたりだったが、実はアレックスは、発掘とは別の目的で送りこまれていた。任務と愛情の板挟みになりながらも、アレックスは懸命にノーラを危険から守ろうとする。彼の本当の任務とは……?
  • 顔のない恋人 ラブ&ミッション IV
    ★私にとっては大切な一夜の思い出。だが彼は覚えてもいなかった。★二年前、キャリーは婚約者に裏切られた悲しみのあまり、パブで出会った見知らぬ男性と一夜をともにした。危険な雰囲気を持つそのハンサムな男性は、今まで経験したことがないほど情熱的な夜を与えてくれた。翌朝、自分の行為を恥じた彼女は名も告げずに彼のもとを去り、十カ月後、そのときに身ごもった息子をひとりで生んだ……。そして今、二人の運命は再び交差しようとしていた。あのときの男性、バーク・ロニガンが息子の父親としてふさわしい人間かどうか探るため、キャリーは貿易会社を経営する彼の秘書として働きはじめたのだ。だが、彼は次々と恋人を替えるプレイボーイで……。
  • ラブ&ミッション 明日への約束 V
    「グレイ? あなたなの?」レニーはささやいた。自分の口がぽかんと開いたままなのはわかったが、どうすることもできなかった。幻覚を見ているのだろうか?長い間忘れられなかった初恋の人に、この大都会で再会するなんて。九年前、スラム街で一緒に育ったグレイと初めて夜を共にしたあと、眠る彼を残して、レニーは大学進学のためロサンゼルスを出た。そして今、心理学者としてクリニックを開業しようと戻ってきた。一方、ギャングの一員だったグレイはその後、刑務所に入り、ずっと音信不通になっていたのだ。目の前のグレイを見つめ、その皮肉っぽい表情にレニーはひるんだ。彼はいったい何をしに戻ってきたのだろう?この再会は、二人の運命に何か影響を及ぼすのだろうか?
  • 夫という名の他人 ラブ&ミッション VI
    ある日、仕事を終えて帰宅したメガンは目を疑った。二年前に別れた夫のセスが玄関の前にいたのだ。今さらなんの用なの? 家を出てからというもの、一度も姿を現したことはなかったのに。身構えながらもメガンの心には、かすかな希望の火がともった。彼はやり直したいと言いにここへ来たのかもしれない。二人で過ごした数々の夜がよみがえり、メガンの体は熱くなった。だがセスは暗い目をして言った。「ぼくが必要な専門技術を持っているのは君だけだ。協力してくれないか」

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

シルエット・ラブ ストリーム の最新刊

無料で読める ハーレクイン・ロマンス小説

ハーレクイン・ロマンス小説 ランキング