日本の「水」がなくなる日

日本の「水」がなくなる日

作者名 :
通常価格 838円 (762円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本の林業の衰退に伴って、山林の価値は下落し続けている。木材の生産以外に用途が見込めない山林は維持するだけで莫大な固定資産税がかかるため、地主は売却に躍起だが、なかなか売れず、手をこまねいているという。そこへ近年、日本の山林を買い占めている外国人グループがいるという。彼らは全国の名水の水源地がある山林を積極的に買っているが、将来、水源地の水利権を主張するのではないかと危惧されている。

ジャンル
出版社
主婦の友社
ページ数
192ページ
電子版発売日
2011年05月27日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

日本の「水」がなくなる日 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年04月17日

    知ってると言えば知ってる内容が多かった感じはある。ただ外国人の日本の土地取得者の法律的な制限がほとんどない事実には驚くばかり。一体資源を何だと考えてるのか?もともと日本が水が豊かだなんてのは神話に過ぎず、バーチャルウォーターをタダに近い金額で輸入できてるから成り立ってるだけの話なのに。新書だから内容...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています