キミは珍獣(ケダモノ)と暮らせるか?

キミは珍獣(ケダモノ)と暮らせるか?

作者名 :
通常価格 569円 (518円+税)
紙の本 [参考] 576円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

フェネック、サル、スカンク、ハリネズミ、アリクイ──なぜ犬や猫では飽き足らず、珍獣を飼おうとするのか。珍獣と呼ばれるにはワケがある。獰猛や虚弱体質ゆえに飼うのが難しい、飼い主になつかない、ムチャクチャ臭い…それでも飼おうという人は、キセキのような楽しさが味わえるのも、また真実なのだが。伝説の珍獣ショップ「動物堂」店主として、あまたの珍獣を扱い、飼ってきた著者による、類のない珍獣選び・育成指南の書。ぐっとくる写真と自筆イラストも満載です!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2011年05月13日
紙の本の発売
2007年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

キミは珍獣(ケダモノ)と暮らせるか? のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年03月29日

    口調は軽いけど、内容はまっすぐ重い。

    飴屋さん、文章と演劇とでは随分違う印象を受けるけれど、シンプルで明け透けで嘘が無いところは変わらない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月14日

     当時(今も、かどうかは不明)著者はアニマルストア=動物堂を経営する動物商であった。この店では犬猫以外の生き物しか売っていない。
     ただし、動物商の仕事をするのは365日分の300日。残りの65日は美術家。
     現在この比率がどうなったのか寡聞にして知らないが、わたしが飴屋法水(あめやのりみず)を知っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    なぜか、私は飴屋法水という存在とすれ違っている。ぜんぜん出会っていない。意気投合するなんてかけらも思わないけれど、きっと無茶苦茶楽しい話ができたと思う。いや、今後に期待。
    最初にこの存在を知ったのはミルキィ・イソベさんのおかげだ。その後、ああ、あれやったのが飴屋さんだったの、という感じで自分の中でよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月25日

    【本の内容】
    フェネック、サル、スカンク、ハリネズミ、アリクイ…。

    ヒトはなぜ犬や猫に飽き足らず、珍獣を飼おうとするのか。

    伝説の珍獣ショップ「動物堂」店主としてあまたの珍獣を扱い、自らも飼ってきた著者による類のない珍獣選び・育成指南の書。

    独自の動物観、ペット観に裏打ちされた金言の数々は、読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月28日

    様々な動物の売り買いに関する情報も書いてありおもしろい。珍しい動物を飼うには様々な努力が必要なのだと知った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月28日

    巡り巡って、ここまで辿り着いてしまった。

    わたしはもとより動物好きで、まあ有りがちですが過去にウサギ、九官鳥、イヌは飼ったことがあります。ネコはずっと飼ってます。
    そのわたしとしては、非常に面白く読める本でした。
    そして、オススメされてしまったこともあって、リス、トビネズミ、トビウサギにとても興味...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月30日

    1.
    犬で言うとパグ、間抜けでブサイクな動物が著者の好み。あまり凛々しい動物は出てこないことを念頭に置いて。

    「僕の場合はっきりと自分の好みというものが分かっている。ニュアンスやテイストでいえば、「まぬけ」である。「バカ」である。「何考えてんだかよく分からん」である。形でいうと「カッコ良くない」「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月04日

    動物を金で買うことは人身売買と本質的に変わらない、としながらも、それでも飼いたいという欲望を肯定する。本書はその上で希望者に相応の覚悟を突きつける。筆者の現在は、その欲望から解脱したように全く珍獣を扱っていない。それが正しいのだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月01日

    極私的なジャンルですみません。著者はかつて劇作家や現代美術家であったのを、ある日突然動物商に転職した方で、珍獣ー犬猫ではなくモモンガやサル、もっと変な動物たちーを主に扱っていたそうです。この本はそれらの飼い方指南が大半でありつつ、もともとペットとして手懐けられていない珍獣たちと暮らすということは、分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月12日

    友達から借りた本。
    序文がくどいというか妙にとっつきにくくて、なかなか文章に入り込めなかった。
    序文を乗り越えた後のヤクザとモルモットのエピソードなどは、不思議な面白さがあってよかった。

    著者はペットショップを経営する側ではなく買う側の人間だったんだろうなと、ボソリとした感想。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています