涼宮ハルヒの溜息

涼宮ハルヒの溜息

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

宇宙人未来人超能力者と一緒に遊ぶのが目的という、正体不明な謎の団体SOS団を率いる涼宮ハルヒの目下の関心事は文化祭が楽しくないことらしい。行事を楽しくしたい心意気は大いに結構だが、なにも俺たちが映画を撮らなくてもいいんじゃないか? ハルヒが何か言い出すたびに、周りの宇宙人未来人超能力者が苦労するんだけどな――スニーカー大賞〈大賞〉を受賞したビミョーに非日常系学園ストーリー、圧倒的人気で第2弾登場!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川スニーカー文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

関連タグ:

    購入済み

    涼宮ハルヒの溜息

    いまだ 2015年10月25日

    おもしろかったです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月29日

    はちゃめちゃだが面白い!恋?シリアス?ギャグ?どれもこれもしっかりとあてはまらないけどはずれでもない不思議な感じ。読むと、やれやれとニコニコが同時にくる感覚になります笑。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月16日

    タイトル*凉宮ハルヒの溜息
    作者*谷川 流
    出版社*スニーカー文庫

    宇宙人未来人超能力者と一緒に遊ぶのが目的という、正体不明な謎の団体SOS団を率いる凉宮ハルヒの目下の関心事は文化祭が楽しくないことらしい。行事を楽しくしたい心意気は大いに結構だが、なにも俺たちが映画を撮らなくてもいいんじゃないか?...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月04日

    文化祭に向けてSOS団で映画を撮ることに。しかし順調に撮影が進むと思われたが色々とトラブルが発生してしまい・・・。
    ミクルビームの破壊力は凄まじい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月23日

    無茶な映画製作が実はトンデモないことに。
    ハルヒに自分の力だと悟られないようにふるまう
    4人の苦心がストーリーを牽引。
    みくるちゃんが実に可愛いんだなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月02日

    谷川流の"涼宮ハルヒ"シリーズの第2巻です。本巻は、2006年にアニメ化された際、"朝比奈ミクルの冒険 Episode:00"として突然放送が始まり、かなり衝撃を受けました。学園祭でSOS団が自主制作映画を上映したいというハルヒの願いを叶えるために右往左往する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月24日

    とてもテンポよく読めました。
    時々たとえ話が分かりにくかったりもしますが。。
    キャラクターが魅力的。
    後半の、世界が変わりそうになって深刻になるあたりの流れが前半よりも緊迫していて好きです。
    長門さんが不思議すぎて魅力的。
    彼女の言動にはつい注目してしまいます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月04日

    宇宙人、未来人、超能力者と一緒に遊ぶのが目的の涼宮ハルヒ率いるSOS団。
    今回は学園祭で映画をつくるようですよ。

    発売されたのが平成15年、オイラがもってるのは第56版。
    これだけでこのラノベをリスペクトすることが必要でしょうね。
    今読むとちょっと物足りなさを感じてしまうかもしれないけど、これの初...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月30日

    シリーズ2作目、この話もアニメでやってるけど・・ややエピソードを詰め込み過ぎかな。映画製作で、SOS団メンバーの立場の違いが鮮明になる。それにしても、若い頃に読んだ学園SFユーモア小説と比較し格段にレベルが上がってるなぁ、暫く電撃とかスニーカーにはまりそう(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月14日

    「涼宮ハルヒの溜息」
    季節は文化祭のシーズン。ありきたりなお祭りでは飽き足りない涼宮ハルヒは、SOS団の面々を使いまくり、自主映画の制作を開始する。当然のごとく、ハルヒの暴走はとどまることを知らず・・・。


    ハルヒの溜息とは、文化祭が楽しくないといっているハルヒの溜息なのだろうか?いや、恐らく違う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています