殺意はさりげなく

殺意はさりげなく

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

高校1年生の小百合の誕生日は2月29日。4年に一度のこの日が近づくと、少女殺害事件が過去3回も起こっていることに気づいた小百合の祖父で元刑事の耕治は、彼女の16歳の誕生日を前にして警察に注意するが、無視された。しかしその夜、事件発生! 現場付近にいた耕治は逮捕された。小百合の親友の祖父・彰三は弁護士をやとい、助けようとするが、彼自身には正体不明の影がつきまとっていた……。誰にもはりついている黒い影をゆさぶり起こす恐怖ミステリーの傑作!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
1992年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

殺意はさりげなく のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    赤川次郎の作品は好き。
    正体の知れない恐怖。だれの心にも潜んでいるのかも。
    2月29日の誕生日がキーポイントとなる、切ない乙女心も描かれていて共感できた。
    生まれ持った家庭環境がやっぱり人をいろんな思いにさせてしまうのだなと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年08月12日

    法子と小百合の友人関係と家族をめぐる、殺意と殺人の嵐。
    法子の祖父の秘書とお手伝いの女性をめぐる確執。
    小百合の男友達をめぐる法子と小百合のつばぜりあい。

    どこに殺意があり、どこに殺意がないか。
    殺意と殺人の関係はいかに。

    いろいろな人の殺意が錯綜する。
    4年ごとに殺人を犯していたの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています