ひとり暮し

ひとり暮し

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

東京の大学へ入ってひとり暮しがしたい―。そんな願いが叶い、入学と同時にアパート生活を始めた依子を待っていたのは、複雑な事情を抱えた隣人たちだった。不審な品物を大量に隠し持つしのぶ、女優の卵で自殺未遂を繰り返す真弓、家出中の愛。依子は予想もつかない事件に次々と巻き込まれていく。てんやわんやの新生活を描くユーモア青春小説。

ジャンル
出版社
幻冬舎
電子版発売日
2011年04月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ひとり暮し のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    初めて読んだ赤川次郎の本です。最初はカバーのイラストが可愛かったからっていう理由で買ったんだけど…タイトルのまんまで一人暮らしを始める女性に読んでもらいたいです。変な隣人さんばっかりです。ミステリーには入るのか入らないのか…そこは微妙だけど好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月01日

    東京で一人暮らしを始めた依子の青春小説。青春小説というジャンルは読んだことがなかったから、事件とか恋愛とかうっすらしていて物足りない感じはあった。

    登場人物の個性は読んでいて楽しかった。しっかりした母親。実は金持ちの愛。昔いじめられっこだったユリ、いじめっこだった秋子。詐欺に手をそめてる田代しのぶ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月18日

    本当にこう、日常を書いた感じ。
    物語の起承転結がない感じ。
    でも主人公の新生活と、これから始まる自分の新生活とちょっと重ね合わせたりして。
    新生活楽しみ~、なんて思いながら読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ラベンダー・ハウスでひとり暮らしを始めた依子。アパートのちょっと変わった住人や、大学の人々、痴漢逮捕をきっかけに知り合った人、バイトで知り合った人々との日々が続いていく。
    軽い文章だから読みやすい。けど最後まで来ると、少々嫌になる。
    依子の率直な性格が読み手にとって少々痛い。
    青春小説らしい青春小説...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年07月30日

    18歳 板垣依子,大学生(主人公)福岡出身 203号室
    28歳 相沢真弓,女優(自殺未遂)北海道出身 202号室
    38歳 香川しのぶ,江戸っ子(闇取引),204号室
    という10歳違いの女性が,東京で一人暮しをしている。

    どたばた喜劇で,赤川次郎の本領発揮だろう。
    依子があやうく不倫に走るところを踏...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年03月21日

    やっぱり赤川次郎はホッとする。
    人が温かい。
    ーーー
    東京の大学へ入って一人暮らしがしたいーー。そんな願いがかない、入学と同時にアパート生活を始めた依子を待っていたのは、複雑な事情を抱えた隣人たちだった。不審な品物を大量に隠し持つしのぶ、女優の卵で自殺未遂を繰り返す真弓、家出中の愛。依子は予想もつか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています