蛇目孫四郎斬刃帖 殺し稼業・十五屋

蛇目孫四郎斬刃帖 殺し稼業・十五屋

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

文政9年の春、大川の百本杭に若い女の死体が浮いた。首筋には毒を塗った吹き矢の刺さった痕があった。向島に住む中野播磨守清茂は隠居して石翁と称していたが、無類の捕物好き。蛇目孫四郎は石翁の命でこの事件を調べるうちに、江戸では金で殺しを請け負う稼業のあることが判明した。さらに孫四郎は殺し稼業の実態を暴く危険な探索を続行する。

ジャンル
出版社
双葉社
ページ数
294ページ
電子版発売日
2011年03月11日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

蛇目孫四郎斬刃帖 殺し稼業・十五屋 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています