随筆 新平家

随筆 新平家

作者名 :
通常価格 924円 (840円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

『新・平家物語』は一代の大作だけに、著者の意気ごみも格別であった。ふつうは編集部まかせの“前回までの梗概”も、著者自ら「筆間茶話」として執筆。筆休めに構想の一端を語り、史談人物論はもちろん、身近の雑記にも味わい深く、梗概以上の梗概として好評だった。近畿を中心に東北から中国、四国までの丹念な取材紀行が「新・平家今昔紀行」。源平ゆかりの地の今昔が才筆に躍る。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
吉川英治歴史時代文庫
ページ数
414ページ
電子版発売日
2011年01月31日
紙の本の発売
1990年10月
サイズ(目安)
1MB

随筆 新平家 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年01月29日

    新平家物語を雑誌に連載中に、梗概として書いた文と取材旅行記が載っている。新平家を読みながら梗概部分を読むといいかもしれない。取材旅行記はあたかも自分も一緒に旅行に行っているかのような臨場感溢れる文章が魅力的だった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています