ゆるく、自由に、そして有意義に ──ストレスフリー・ツイッター術

ゆるく、自由に、そして有意義に ──ストレスフリー・ツイッター術

作者名 :
通常価格 942円 (857円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

■──ツイッターとは「異次元世界でのパーティ」。社交のための最低限のマナーを身に付ければ、素晴らしい会話や、有意義な情報にめぐり合い、貴重な人脈を築くことができる。■──本や映画の感想を語り合える、仕事や子育ての悩みを相談できる、病気のときに励まし合える、飲み屋にいるようにして話せる、夕食の献立のアイデアをもらえる、思ってもみなかった人と知り合うことができる、働きたい会社に勤めることができる……ツイッターは「ローテク」の一般人でも楽しめる、コミュニケーションのツール(手段)。■――フォロワー数を増やすのでもなく、ビジネス利用に閉じ込めるのでもなく、目の前の人生を楽しむためにも、ツイッターを使って「ゆるく、自由に、そして有意義に」つながりませんか?■──「ツイッターには、そもそもこれが正しいという使い方はありません。せっかくツイッターという自由で新しいメディアを使うのですから、これまで体験しなかった世界に一歩足を踏み出し、そこで自分なりの使い方を編み出してはいかがでしょう?」――本文より

ジャンル
出版社
朝日出版社
ページ数
296ページ
電子版発売日
2011年02月25日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

ゆるく、自由に、そして有意義に ──ストレスフリー・ツイッター術 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年03月08日

    ツイッターについて、初心者にも分かりやすく解説。
    「まずプロフィールとして、20ツイートしてみよう」とか、ツイッターの機能など。

    さらにツイッターのすばらしい点、注意すべき点、ひいてはSNSを介してつきあう人との距離感についてや、ツイッターはあくまでも生活を豊かにする非常に有効なツールのひとつであ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月31日

    北米在住の実力派作家によるツイッター文化論。
    ツイッター本は数あれど、これだけ上品にエチケットと「品格」を教えてくれる本は少ないでしょう。ツイッターをやる人みんなに読んでもらいたい本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月13日

    ネットの世界のちょっと気にかかるところを、分かりやすく解説してくれる。アナログ人間も安心して読める。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月17日

    洋書ファンクラブや洋書ニュースを主催している渡辺由佳里さんが、どうやって気楽に、楽しく、ツイッターを活用しているかが紹介されていた。インターネットの世界に素人(ちょっと失礼かな?)彼女だからこその庶民的感覚(?)のツイッター文化論はとても参考になった。タイトルの「ゆるく、自由に、そして有意義に」がぴ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月30日

    どちらかというとローテクな感じの著者が、「フォローされない!」「ネガコメこわい」などのストレスをさけてTwitterをするための心得を教えてくれます。

    どっぷりTwitterにはまらず、少し離れたスタンスは、「相互フォロー」や、「Twitterでマーケティング!」などの声高のTwitter推進では...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月06日

     洋書ニュースの渡辺由佳里さんが書いたツイッター本。
     入門書とか指南書という位置づけではなくて、市井のいちユーザーがどういうふうにツイッターと関わってきたか教えてくれる。ちょっとしたコツとか、ある程度のマナーなんかは必要だけど、基本的に「~しなければならない」とは対極にあるのがツイッターというメデ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月31日

    ツイッターが場として成熟してきたことがわかる一冊。
    黎明期に出た数々の入門書を踏まえた上で、「今」のツイッターを自分の生活でどのように使っていくかを解説してある。
    ツイッターに限らず、ネット上で「困ったときには」の対処法も書かれている。温かい口調で語られていて、読むとほっとする。(「そうめん流し」は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月02日

    p237
    相手がだれであれ対等に敬意をもって接する
    目的が何であれ、相手に押し付けない
    異論や反論は私を主語に
    中傷誹謗と取られる可能性がある表現を避ける
    相手の視点をまず認める
    正しくてもしつこく相手を論破説得しようとしない
    他人の話に耳を傾ける
    自分なりのコーピングを用意しておく
    ツイターをする...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月22日

    最近、Twitterを始めてみたので読んだ本、その2。1年以上前の内容だけど、Twitter関連のへんな技術書、ビジネス書より、断然すーっと入ってきました。最初にやること、迷信と真実、ストレスの実例とかを紹介した上で、ひととしてのマナーを守りながら、時間をかけて自分なりの使い方を自由に見つけていくと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年08月17日

    twitterのマナーについて詳しく書いている。
    「コーピング」という言葉が分かりにくい。
    「対処」でよいのではないだろうか。

    twitterの負の面も丁寧に記述している。
     アカウント乗っ取り
     twitter中毒
    など、気をつけることを書いているのがよい。

    課題としては、
    インタネットがネッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています