60歳 女ひとり、疲れないごはん

60歳 女ひとり、疲れないごはん

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ここまで生きてくると、もうこれからは自分の好きなものを、好きな量だけ、気楽に食べたい。作る時も食べる時も疲れないですむ、こころ落ち着くごはん。
生きていく人生の段階によって変化していく食事の風景。自分がおいしいと思うもの、それがいちばんのごちそう。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2022年05月12日
紙の本の発売
2022年05月
サイズ(目安)
50MB

60歳 女ひとり、疲れないごはん のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年06月21日

    こう気負わずに生活できたらいいなとは思います。

    ただ作ってみようと言うレシピというか、メニューがひとつくらいあるかな?と思って買ってみたのだけど、あまりに素朴で日常すぎて、そのようなものには出会えませんでした…。無念。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月04日

    疲れていても、毎日、ご飯。

    なんだかやだー! と思っても、毎日、ご飯

    毎日、ご飯を作るから、どーにかこーにか
    立っていられるのかな?

    大好きな詩人も、毎日ご飯を作って食べてるし。


    とにかく❗今は、ご飯をちゃんと作って食べて、生きる!

    そう、ちゃんと生きる為に、食べるんだ!

    と、私はエー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月02日

    あら、あいだに文章があるかと思ったら
    本当に見事に食事の写真と
    ひとことコメントのみなのか。

    家の畑で採れたものとか
    毎日そんなにごちそうでもないし
    少なくともインスタ映えしそうではない。
    このなんてことないのが著者らしい。
    ひとりなんだから、こういうので
    無理しなくてもいいのよねぇって安心するわ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

幻冬舎文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング