半七捕物帳(五)

半七捕物帳(五)

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

半七捕物帳は著者綺堂が、江戸末期の切絵図をはじめ、古今東西にわたる広汎な資料を渉猟する中から生まれた。簡潔でメリハリのある文体に、江戸文化を身近に感じさせた探偵小説の先駆的名作!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
ページ数
371ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

半七捕物帳(五) のユーザーレビュー

レビューがありません。

半七捕物帳 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 半七捕物帳(一)
    550円(税込)
    岡っ引上がりの半七老人が、若い新聞記者を相手に昔話を語る。十九のとき、『石燈籠』事件で初手柄をあげ以後、二十六年間の岡っ引家業での数々の功名談を江戸の世態・風俗を織りまぜて描く捕物帳の元祖!(全六巻)
  • 半七捕物帳(二)
    550円(税込)
    ご存じ、半七老人が語る捕物談傑作集。著者綺堂が探偵役に「江戸時代のシャーロック・ホームズ」であれと願っただけに、奇怪な事件も、論理的な推理手法で解決されている。捕物帳の原点!
  • 半七捕物帳(三)
    550円(税込)
    歌舞伎を好んだ著者綺堂は、江戸の風土と季節感を巧みに描きながら、随所に江戸っ子のしゃれた会話をもりこんでいる。一話一話が今なお新鮮で、推理小説の先駆として生きつづける捕物帳の最高傑作!
  • 半七捕物帳(四)
    550円(税込)
    著者綺堂が、長く病床に臥せっていたとき『江戸名所図会』を通読、これが半七捕物帳を書くきっかけになったという。人間味豊かな捕物帳の世界を描いて、江戸の風物詩を現代に伝える永遠の傑作!
  • 半七捕物帳(五)
    550円(税込)
    半七捕物帳は著者綺堂が、江戸末期の切絵図をはじめ、古今東西にわたる広汎な資料を渉猟する中から生まれた。簡潔でメリハリのある文体に、江戸文化を身近に感じさせた探偵小説の先駆的名作!
  • 半七捕物帳(六)
    550円(税込)
    欧米の探偵小説に造詣の深かった著者綺堂は、作品の舞台を江戸時代に置き、四十五歳から六十五歳まで、二十年間を費やして本作を書き上げた。“捕物帳の教科書”ともいえる不朽の名作、この六巻でついに完結!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

岡本綺堂 のこれもおすすめ

半七捕物帳―江戸探偵怪異譚―(新潮文庫)

半七捕物帳―江戸探偵怪異譚―(新潮文庫)

  • ブラウザ試し読み

無料あり
世界怪談名作集  序/目次

世界怪談名作集  序/目次

  • ブラウザ試し読み

無料あり
中国怪奇小説集 凡例

中国怪奇小説集 凡例

  • ブラウザ試し読み

無料あり
怪獣

怪獣

  • ブラウザ試し読み

無料あり
こま犬

こま犬

  • ブラウザ試し読み

無料あり
山椒魚

山椒魚

  • ブラウザ試し読み

無料あり
玉藻の前

玉藻の前

  • ブラウザ試し読み

無料あり
半七捕物帳 お文の魂

半七捕物帳 お文の魂

  • ブラウザ試し読み