小樽殺人事件

小樽殺人事件

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

薄明の小樽港に女の漂流死体。取材旅行の途次、死体を発見した名探偵(ルポ・ライター)浅見光彦と、偶然事件に巻き込まれたOL津田麻衣子は、独自の捜査を開始した。さらに被害者の妹も不審な自殺。二つの死体には黒揚羽蝶が残されていた。蝶の謎を追い、浅見と麻衣子は信州・安曇野を訪れるが、そこには……? 旅情と本格推理の見事な融合(ブレンド)。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
ページ数
351ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

小樽殺人事件 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年06月28日

    これは、、、悲しい話だった。(T_T)
    読んでいて、浅見が無遠慮にどんどん真相に詰め寄ろうとするその行動が、今回は物凄く無神経に映った。
    それこそ今回のヒロイン「麻衣子」と同じく、「これ以上私達の大事な部分に踏み入らないで!」というような気持ちだった。
    犯人は、物語序盤でだいたい予測がついた。
    ・・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月20日

    小樽がいっぱい出てくるかなーと思いきや、そうでもありませんでした。
    そして、なんとなくですが、いつもの浅見さんっぽくなかったような…

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年08月20日

    浅見さんは自らの行動について"好奇心ゆえに"と言っていますが今回ばかりは少し遠慮していただきたかった。
    それほど悲しい結末でした。
    愛する者と別れなければならなかった辛さを考えると・・
    犯人が恨みつらみの気持ちを持つのも分かる。

    かつて愛した人は自分のせいで死に、
    現在愛してい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています