魔笛が聴こえる(電子復刻版)

魔笛が聴こえる(電子復刻版)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ウラン鉱の人形峠に近い御霊町では、先住民と新興住民の間で町を二分する諍いが続いていた。ある日、先住の反町長派急先鋒・野川の娘が運河で溺死した。防護柵の設置を再三、町長に陳情していた矢先だった。続いて今度は町長の一人息子が絞殺されるに及んで、両派の不信と猜疑が一挙に爆発、血で血を洗う惨劇が始まった……。滅びを呼ぶ人間の業と、国家権力の壮大な謀略を活写する傑作長篇。

ジャンル
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
382ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

魔笛が聴こえる(電子復刻版) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年04月11日

    何故なのだろう?一体誰が犯人なのだろう?と読み進めるのだが一向に分からないままクライマックスへと一気に突き進んでいく。
    ウラン鉱、国家権力の壮大な謀略。1986年7月に発売された小説が現代でも色褪せていない事に驚く。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています