西村寿行の一覧

「西村寿行」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:西村寿行(ニシムラジュコウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1930年11月03日
  • 出身地:日本 / 香川県
  • 職業:作家

1969年『犬鷲』でデビュー。同作は第35回オール讀物新人賞佳作を受賞。 『瀬戸内殺人海流』、『君よ憤怒の河を渉れ』、『犬笛』、『滅びの笛』など数多くの作品を手がける。『君よ憤怒の河を渉れ』、『犬笛』をはじめ映像化されている作品も多数ある。

作品一覧

2021/05/07更新

ユーザーレビュー

  • 鬼狂い
    久々に読んだ後の余韻がすごい作品だった。

    少々過激な性的描写もあるし、嬲られるシーンなどは苦手な人もいるかもしれないけど、それを差し置いても登場人物はみな独特で魅力的だし、力強い。
  • 無頼船
    無頼船シリーズ第1弾。海の上でしか生きられない男たちのハードボイルド海洋活劇。
    エロ描写がとにかくすごい。でもそれが気にならないほど話に入り込みます。
    シリーズ第6彈で終わりなのがもったいないくらいです。
  • 風は悽愴
    ずっと西村寿行さんの作品を読み続けていますが、今のところ1番です❗️本当によかったですヨ。
  • 陽炎の街
    数十年前に読んだ事があるとは思いますが、もう内容は忘れているので、また読んでみました^ ^
    ハラハラどきどきの連続でした❗️
    そして感動。
    また半年くらいしたら読んでみようかなぁって思ってます。
  • 頻闇にいのち惑ひぬ

    やはりこのコンビは良い

    死神シリーズ第3弾。飲んだくれで乱暴者で頭がおかしいんじゃないかと思ってしまう性格の中郷と、彼に振り回されているようで肝心なところはコントロールしている伊能のやり取りが面白い。血なまぐさい事件が起きても、敵地で激戦を繰り広げても、読んだ後になんとなく救われるのは、それがあるからかもしれない。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!