風雲真田軍記(上)(電子復刻版)

風雲真田軍記(上)(電子復刻版)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

方広寺鐘銘事件で豊臣方が窮地に陥った頃、紀州九度山に蟄居中の真田幸村のもとに、大坂入城を要請する密使が遣わされた。幸村麾下忍者・羽尾又四郎は徳川方忍者を捕え、すでに大坂城内にまで間者潜入の事実を掴んだ。盟友・猿飛佐助と大阪へ急行秀頼毒殺をからくも防いだが、すでに大坂城中に慧眼の士なく、幸村らの献策はことごとく淀君の斥けるところとなった……。悲劇の鬼将を描く長篇歴史ロマン。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
406ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

風雲真田軍記(上)(電子復刻版) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    作者富田常雄は、戦後カストリ雑誌『りべらる』に連載した『猿飛佐助』ほか、『姿三四郎』などを書いた人気作家。先日、信州上田に足を運んだ思い出に、読んでみた。いわゆる真田十勇士のうち、名前だけでも登場するのは半数ほどで、きちんとキャラが書き込まれているのは、佐助と三好静海入道の二人だけだった。主人公は羽...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

風雲真田軍記(電子復刻版) のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 風雲真田軍記(上)(電子復刻版)
    方広寺鐘銘事件で豊臣方が窮地に陥った頃、紀州九度山に蟄居中の真田幸村のもとに、大坂入城を要請する密使が遣わされた。幸村麾下忍者・羽尾又四郎は徳川方忍者を捕え、すでに大坂城内にまで間者潜入の事実を掴んだ。盟友・猿飛佐助と大阪へ急行秀頼毒殺をからくも防いだが、すでに大坂城中に慧眼の士なく、幸村らの献策はことごとく淀君の斥けるところとなった……。悲劇の鬼将を描く長篇歴史ロマン。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 風雲真田軍記(下)(電子復刻版)
    六連銭の旗印の下、真田勢十勇士のゲリラ戦法は幸村の軍略家としての声望を高めたが、冬の陣の後、内濠までを埋めたてられた大阪城はもはや不落の砦ではなかった。豊家存亡の秋(とき)を迎え、決戦を覚悟した幸村は嫡男・大助を伴い布陣、関東方の虚を突き、家康指揮する本陣を急襲、だが奮戦及ばず大坂方は滅亡した。そしてこの時、又四郎、佐助らは新たな使命を帯び、城下を逃れ出た……。長篇歴史ロマン...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています