道をひらく

道をひらく

作者名 :
通常価格 850円 (773円+税)
紙の本 [参考] 957円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

昭和43年の発刊以来、いまなお読み継がれる驚異のロングセラー『道をひらく』。本書は、松下幸之助が自分の体験と人生に対する深い洞察をもとに綴った短編随想集である。これまで、どれほど多くの人が本書に勇気づけられ、また成功への指針としてきたことか。この本には、時代を超えて生き続ける不変の真理があるからである。業の成功者であり、それ以上に人生の成功者である松下幸之助であればこそ、その言葉には千鈞の重みがある。あらゆる年代、職種の人に役立つ、永遠の座右の書である。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
PHP研究所
シリーズ
道をひらくシリーズ
ページ数
272ページ
電子版発売日
2011年01月31日
紙の本の発売
1968年05月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

道をひらく のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月11日

    この本を選んだ理由
    ・JAL機内エンターテイメントで偶然オーディオブックメニューが目に止まり、休息時、目をつぶりながら聴いてみました。すると、平易な言葉遣いの中に、深い内容がどんどん耳に入って来ました
    ・トヨタ、ホンダ、ソニーと共に日本を代表する創業者、松下幸之助氏の思考に触れたいと思い拝読しました...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月22日

    謙虚さの大切さが随所に書かれている
    止めをさす、という言葉も響いた

    どんな人にも一つは心に響く言葉がここには記載されているのではないだろうか

    ビジネスパーソンにはぜひ一読してほしい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月01日

    座右の書(道をひらく 松下幸之助)

    願わくば、我が死する時
    この座右の書と共に棺に入り
    そして共に灰となり
    来世では確たる人間でありたい

                    道尾葩玖

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月31日

    松下社長が本書で述べている、「仕事では楽をする工夫をしなさい」という考えに共感しました。

    けして仕事を怠けろということじゃなく、同じ成果、あるいはそれ以上の成果を出せるなら、いかに楽にストレスなく仕事をこなすかも大切。

    本書を読んで、「体を使って懸命に働くより、頭を使って賢明に働く」という言葉が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月17日

    手探りの人生
    目の見えない人は、なかなか怪我をしない。
    むしろ目が見えている人の方が、油断をしたり、乱暴になったりして怪我をしやすい。人生のたどり方も、一歩一歩慎重に謙虚に進もよう心得るべし。一寸先は闇の世の中

    真剣勝負
    長い人生の中で失敗をすることもあるだろうという呑気な気構えで良いはずがない。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月20日

    シンプルだが深い言葉の数々。言われてみれば当たり前のことではあるが、実行できていなく心に刺さる本。
    感謝の気持ちを忘れず謙虚に生きていきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月11日

    何度も読み返したい本。

    棋士の藤井聡太さんが「僥倖」ということばをインタビューで使っていたが、この本にも書かれていた。

    僥倖を待つのではなく、「時の来るを信じて、着々とわが力をたくわえるがよい」。努力しないといけないですね。

    購入10年、やっと読みましたが、もっと早く読むべきだったな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月20日

    成功をおさめる人の言葉は説得力が段違いだと思い知らされた。たまに読み返してみたくなる本になりそうだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月07日

    経営の神様と言われるだけあって、つらつらと読める本ではあるが、奥の深い真理が込められている。身の回り、会社職場にとどまらず、日本国全体の繁栄を願う大きな視点で記された名著と言える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月30日

    この本は幼い頃、親や先生から教えられた人間の基礎となる部分を、成長し大事な事を忘れかけていた大人の自分に比喩表現を交えて再認識さしてくれた。また、この本は難しい単語や熟語を使っているのにもかかわらず、比喩表現がとても分かりやすかったため、スッと内容が入ってきた。
    この比喩表現の使い方は勉強になった。

    このレビューは参考になりましたか?

道をひらく の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング