インド残酷物語 世界一たくましい民
  • ptバック

インド残酷物語 世界一たくましい民

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
獲得ポイント

246pt

  • 25%ポイントバック

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

世界有数の大国として驀進するインド。その13億人のなかにひそむ、声なき声。残酷なカースト制度や理不尽な変化にひるまず生きる民の強さに、現地で長年研究を続けた気鋭の社会人類学者が迫る!
日本にとって親しみやすい国になったとはいえ、インドに関する著作物は実はあまり多くない。
また、そのテーマは宗教や食文化、芸術などのエキゾチシズムに偏る傾向にあり、近年ではその経済成長にのみ焦点を当てたものが目立つ。
本書は、カーストがもたらす残酷性から目をそらさず、市井の人々の声をすくいあげ、知られざる営みを綴った貴重な記録である。
徹底したリアリティにこだわりつつ、学術的な解説も付した、インドの真の姿を伝える一冊といえる。
この未曾有のコロナ禍において、過酷な状況におけるレジリエンスの重要性があらためて見直されている。
超格差社会にあるインドの人々の生き様こそが、「新しい強さ」を持って生きぬかなければならない現代への示唆となるはず。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
272ページ
電子版発売日
2021年11月25日
紙の本の発売
2021年11月
サイズ(目安)
4MB

インド残酷物語 世界一たくましい民 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2022年06月28日

    衝撃的な事件から始まり、惹きつけられました。
    旅行ではわからないインドについて、詳しく書かれてあり勉強になりました。
    ・カースト制度がきれいに分かれているわけではなく、入り組んでいて複雑なこと
    ・自分たちで今の地位を上げるため地位を作り上げてしまうこと
    ・ダリト同士もいりこ式で分かれており、劣悪な環...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    いい本

    TVkaso 2022年04月01日

    内容がわかりやすいと感じました。難解な文章でも無く、インド初心者にも読みやすいと思います。続編を期待しています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月02日

    素晴らしい内容だった。カーストは宗教的な意味を持つ側面もあるが、職能と結びついたグループ、互助組織の側面もあり、カーストをあげる闘争もあれば、公的に約束された留保制度を受けるためにあえて下位グループに属すると主張する場合もあること、導師による地方自治など、本書で初めて知ったことは挙げればきりがない。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月13日

    いつだったか、インドでのカースト制度はもう古い昔の話だと話す人を見かけたことがある。それはインドの一部の人に対してはそうともいえるが、正しい認識ではないことがわかった。IT業界で高収を得られる一部のエリート、海外で働くことができる一部のエリート(こちらもたいていITである)に限っては、縛られない自由...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月17日

    インド。
    世界有数の人口を持ち、成長性も高い国。けれど、さまざまな問題を内包した国。よく話には聞くし、ニュースにも映像が流れてくるけれど、私にとっては、その土地の人が生活の中で何を考えているか、負の部分をどう受け止めながら生きているのかわからない国だった。
    そのただの印象が文章になりイメージになる手...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月02日

    インドの階級制度については、バラモン、クシャトリヤ、バイシャ、シュードラ、不可触民に分かれていると言った程度のことしか知らなかった。何年もインドで調査をしている著者のおかげで、具体的に現状がわかってよかった。
    インドには、ICT、数学、新興国とよいイメージを持っていたが、ICTに従事する人はほぼバラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月30日

    インドに興味があり読んだ。
    カースト制から生まれる価値観の違いや思い込み、そこから自由になれない現実。たまにインドで起こる残酷なニュースに違和感を感じていたが、少し納得した。しかしこのことは、インドに限らず、日本をはじめどの国でもどの時代でも起こることだと思う。しかし、人間本来が持つ優しい部分がある...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社新書 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング