マドリードの一夜の果て

マドリードの一夜の果て

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

世界的なホテルチェーンの最高経営責任者であるレベッカは、ある日突然、会社が別のホテルチェーンに乗っ取られ愕然とする。アレハンドロ――すべては彼の仕掛けたことに違いない。五年前、二人はマドリードで出会いめくるめくひと月を過ごしたが、彼に婚約者がいると知り、釈明も聞かずにレベッカは彼の元を去った。その腹いせなの? 直談判をしようと、レベッカはスペインへ飛んだ。アレハンドロはレベッカとの再会を心待ちにしていた。レベッカに別れを告げられたあと、あてにしていた融資を断られ、僕の会社は窮地に陥ったのだ。きっとすべては彼女の差し金だろう。会社を乗っ取り、彼女を意のままにしたあと、今度は僕が捨ててやる。■いくつかの賞も受賞している実力派リン・レイ・ハリスの日本デビュー作です。愛と憎しみの交錯するストーリーを、エキゾチックなマドリードの雰囲気とともにお楽しみください。

ジャンル
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・ロマンス
ページ数
156ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

マドリードの一夜の果て のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年11月10日

    ヒーロー最悪。
    復讐するにしても、やり過ぎ。
    確かにヒロインの父親が関与したせいかもしれないけど、ビジネスなのだから、その時のヒーローの力不足もあったはず。
    しかも娘のことまでヒロインのせいにされたのでは…
    結局は悪いことは全てヒロインのせいにして、逆恨みの八つ当たりをしていただけ。
    それに比べて、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年12月16日

    ラミレスの凝り固まった復讐心が悲劇をもたらしているようにずっと感じながら読ませていただきました。とても読み応えがありました。ラミレス、いい加減にしてと思いながら読み進めていきました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています