妖虫

妖虫

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

探偵好きの大学生、相川守が妹の珠子とその家庭教師殿村京子と連れだってレストランで食事をしていたところ、緊張した面持ちで一点を見つめていた殿村夫人が硬直してしまう。ようやく緊張を解いた夫人に訊ねると、彼女は得意の読唇術を操って隅にいた二人の会話を盗み見ていたのだが、明日の晩、谷中の空家の中で、何者かを短刀で一寸だめし五分だめしにする、という世にも恐ろしい相談をしていた、というのだ。日頃の探偵好きが頭をもたげた相川青年は、とんでもない怪事件に巻き込まれることになった。次々と美女を狙う「赤いサソリ」の狙いは何か? 戦慄すべき乱歩の長編推理!

ジャンル
出版社
東京創元社
ページ数
299ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2011年03月07日

    犯人は中盤くらいでわかってしまった。
    動機はわからんかったけどね。
    今になってはコミカルに思えてしまう、
    サソリの着ぐるみはご愛嬌。
    文章力は素晴らしく、一気に読めてしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    すごいぞ乱歩!!
    このひとの思考回路見てみたい!!
    きっと、いろんな世界観がぐにゃぐにゃになっていることでしょう!!

    この作品の見所は妹の死にあまり落ち込まないところがおもしろい。
    流れから言うともっと落ち込むはずなのに…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月29日

    今度の怪人はサソリ!B級的な要素のある昭和の探偵小説。
    探偵がお馴染みの明智小五郎でなく老人探偵三笠。抜けたところや人道的に問題のあるような人物だが、このくらい奇人出ないと悪辣な犯人に対抗できないのかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月18日

    乱歩の定番とも言える、怪人と探偵が対決する話で、派手な舞台演出を見せ場とする、エンターテイメント性重視の通俗もの。
    この物語での怪人は、現場に赤いサソリを紋章として残し、恐怖心を煽り立てる「妖虫」。探偵は、明智小五郎ではなく、白髪白髭の奇人の老人探偵三笠竜介。
    真相の核となる、ある人物の正体には、す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月18日

    赤サソリを妖中と称して、人殺しグループとの対決に燃える主人公と三笠探偵。見世物小屋などの世の中の奇特な部分に触れたり、また障害児をトリックにつかったりと、読者が見てはいけないものを見ているような背徳感を抱かせることで、好奇心を煽る手法は天下一品だ。トリックそのものは相も変わらずエキセントリックな印象...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2010年12月20日

    家庭教師・殿村夫人がが読唇術で読み取ったという殺人計画。殺害される女優・春川月子。事件を目撃した相川守。バラバラにされた月子。怪人物を尾行中に告げられた第二の被害者。妹・珠子を守るために探偵・三笠老人に捜査を依頼した相川守の落ちた罠。偽の探偵の暗躍。マネキンのバラバラ死体。第3の被害者として告げられ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています