99%の日本人がわかっていない新・国債の真実

99%の日本人がわかっていない新・国債の真実

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

『国際の発行=悪』は無知の極み!
国債から見えてくる日本経済の「本当の実力」を教えよう
国債暴落、財政破綻・・・・『情報操作』に踊らされるな!

その思い込みが危ない!!世にはびこる国債のエセ知識。
「財政破綻論」「国債暴落論」は、いもしないオバケを疑似体験して、
ワーキャー騒ぐようなものである!

中国の急台頭、新型コロナ禍など、日本経済の環境は激変し、
先行きが極めて不透明になっている中、再び国債への注目度が高まっています。
豊富な資料を基に国債のこれからを解説します。

・国際は国の借金。
 だから、少なければ少ない方がいい。

・国際は、発行されればされるほど、
 国民の負担が増える。

・国はできるだけ「節約」して、
 予算を減らすべき。

この中に、一つでも「そのとおりだ」と思うものがあっただろうか。
もしあったならば、あなたは「一国の経済」というものを、
間違って理解している

●●国債の「基本のキ」から徹底解説●●



■目次

1章 まず「これ」を知らなくては始まらない
   そもそも「国債」って何だろう?
   企業は金を借りて運営する、国も同じ
   政府は予算を立て、「足りない額の国債」を発行する
   ほか

2章 世にはびこる国債のエセ知識
   その思い込みが危ない
   何の知識もなく語っている人が多すぎる
   「倹約をよしとする」と「借金は悪」となる
   ほか

3章 国債から見えてくる日本経済「本当の姿」
   「バカな経済論」に惑わされないために
   なぜ財務省は「財政破綻する」と騒いでいるのか?
   財務省ロジックに乗っかる人々もいる
   ほか

4章 知っているようで知らない「国債」と「税」の話
   結局、何をどうすれば経済は上向くのか
   経済を「道徳」で考えると、大きく見誤る
   政府がお金を使うということは、国内にお金を巡らせること
   ほか

5章 「国債」がわかれば、「投資」もわかる
   銀行に預けるくらいなら国債を買え
   国債は金融商品の「プレーンバニラ」
   低金利下では、国債が最強の金融商品
   ほか

■著者高橋洋一(タカハシヨウイチ)
1955年東京都生まれ。
都立小石川高校(現・都立小石川中等教育学校)を経て、東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。
1980年に大蔵省(現・財務省)入省。大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、
内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、内閣参事官(首相官邸)等を歴任。
小泉内閣・第一次安倍内閣ではブレーンとして活躍し、「霞が関埋蔵金」の公表や「ふるさと納税」「ねんきん定期便」など
数々の政策提案・実現をしてきた。また、戦後の日本で経済の最重要問題といえる、
バブル崩壊後の「不良債権処理」の陣頭指揮をとった。
2008年退官。その後内閣官房参与などもつとめ、現在、嘉悦大学ビジネス創造学部教授、株式会社政策工房代表取締役会長。
ユーチューバーとしても活躍する。第17回山本七平賞を受賞した『さらば財務省!官僚すべてを敵にした男の告白』(講談社)など、
ベスト・ロングセラー多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
あさ出版
ページ数
199ページ
電子版発売日
2021年09月29日
紙の本の発売
2021年09月
サイズ(目安)
4MB

99%の日本人がわかっていない新・国債の真実 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年01月01日

    流石に我々マーケット参加者にとっては常識的な話がほとんどではあるが、高橋さんの統合バランスシートの話は、何年かに一度は確認しておきたい。

    こういう人が、財務大臣や日銀総裁になってくれると良いんだけど、、、

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月17日

    コロナ感染者が減少してきて緊急事態宣言も解除となりました、あまりもの急激な感染者数の減少で少し戸惑い気味でもありますが、日常生活を取り戻しつつあると感じています。昨年から今年にかけて政府は様々な給付・融資を行なってきていますが、それを行うことに異議を唱えませんが、そのお金はどこから調達するのだろうと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング