幕末武士の失業と再就職

幕末武士の失業と再就職

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

騒動は、安政二年六月の夏にはじまった。田辺に居住する紀州藩横須賀組一統に対し、紀州家から支藩安藤家への支配替の通達が届けられた。横須賀組二十二家はこれを拒み、家康以来の徳川直臣の家柄である証拠書類をもって安藤策と執拗に通達撤回の運動を行なうが、決裂、整然と田辺を退散して浪人となる。しかし、六年余の浪々の後、一統は復帰運動を展開する。本書は、団結して復帰成功に至る横須賀組の動向と、幕末武士社会を描く。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
207ページ
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

幕末武士の失業と再就職 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年06月25日

    決して、大きな歴史を動かしてはいないが、自分の意地、家族の暮らしを賭けて戦った武士たちの記録。一風変わった幕末史。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月17日

    騒動は、安政二年六月の夏にはじまった。田辺に居住する紀州藩横須賀組一統に対し、紀州家から支藩安藤家への支配替の通達が届けられた。横須賀組二十二家はこれを拒み、家康以来の徳川直臣の家柄である証拠書類をもって安藤家と執拗に通達撤回の運動を行なうが、決裂、整然と田辺を退散して浪人となる。しかし、六年余の浪...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています