新動物生態学入門

新動物生態学入門

作者名 :
通常価格 789円 (718円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

生命もそれをめぐる環境も多様であるがゆえに活気を維持することができる。同一種の中でも個体差や集団差は著しく、群集や生態系についてもその差異は大きい。しかし従来の生態学はさまざまな多様性を充分にとり入れることができなかった。本書では、多種多様な動物を紹介しながら、種の多様性だけでなく、個体の生き方・性格・分布、個体群や群集の変化などを、空間的、時間的に考察し、その多様性の成立条件と守り方を考える。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

新動物生態学入門 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月22日

    [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    動植物の「多様性」はどのようなものなのかと思い読んでみた。
    異種間で行動様式があり、餌や繁殖で争うことがあることは知っていたけど、同種間でも争いがあり、争いを避けるような行動を行うことには驚いた。
    動植物にも「個性」というものが存在し、周辺環境や餌分布等の違...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年04月02日

    [ 内容 ]
    本書では、多種多様な動物を紹介しながら、種の多様性だけでなく、個体の生き方・性格・分布、固体群や群集の変化などを、空間的、時間的に考察し、その多様性の成立条件と守り方を考える。

    [ 目次 ]
    第1章 成功する個体と失敗する個体
    第2章 個体の分布のかたより
    第3章 いかに生き繁殖する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています