環太平洋戦争5 南沙の鳴動
  • 最新刊

環太平洋戦争5 南沙の鳴動

作者名 :
通常価格 832円 (757円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

アジアでもっとも富裕な産油国ブルネイで奇妙なクーデターが勃発。民主化を訴える王女がムスリム勢力やグルカ兵を実行部隊にして王政を転覆したのだ。国連は直ちに現状回復を決議、自衛隊を平和創設軍(PMF)として派兵する。歪んだ王政に正義はないが、放置すればテロリズムの温床と化すのは明白だった。だがグルカ兵の巧妙なゲリラ戦術に自衛隊の犠牲が続出、事態は泥沼の様相を。燃え盛るアジアの戦火。背後で暗躍するCIA。地域安全保障の代償に苦悩する常任理事国日本の選択シミュレーション。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
C★NOVELS
ページ数
214ページ
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

環太平洋戦争5 南沙の鳴動 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ブルネイ王国でクーデターが発生。イスラム革命と見られていたこのクーデターが実は民主革命だと言う事が判明する。しかし政治的判断から王政復活がベストと判断し、クーデター鎮圧に向かう自衛隊。膨大な犠牲を払いつつ任務を果たそうとするが…。

    このレビューは参考になりましたか?

環太平洋戦争 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 環太平洋戦争1 発火するアジア
    経済成長を背景に国家の威容を求めて危険な軍拡ゲームを続けるアジア諸国。競って武器を輸出する欧米先進国。空母からミサイル艇までひしめきあうボルネオ海で、ついに火薬庫に火が点いた。王族が座乗するタイ海軍の潜水艦がシンガポールのミサイル艇と衝突、沈没したのだ。一気に高まる軍事的緊張に、武力報復を叫び蹶起するタイ軍部。各国海軍が睨み合う海域では、日本が派遣した潜水艦救難母艦が最初の...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 環太平洋戦争2 ルビーの泪
    タイの軍事クーデターはインドシナの危うい均衡を根底から突き崩しつつあった。常任理事国として毅然たる態度を求める国際世論に押され、日本はタイとの国交を断絶。だが、密かにアジアの混乱を画策するCIAにあと押しされた強硬なタイ軍事政権は、カンボジアに展開する自衛隊のPKO部隊に対し、国境を越えて空爆を敢行する。やむなく自衛隊は九一式地対空ミサイルで応戦、否応なくアジアへの軍事介入...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 環太平洋戦争3 神々の島
    アジア諸国のこれ以上の発展と団結を望まぬCIAは、タイの軍事クーデターに続いて、インドネシアで東チモール独立の武装頬右記を画策。いびつな経済成長の矛盾がアジアの動乱を加速する。応分の国際貢献を条件に常任理事国入りした日本に国際社会が求めるのは、人権と民主主義を盾に、武力で秩序回復にあたる警察官の役割だった。タイ軍の猛攻に晒されるPKO部隊、八八艦隊を狙う潜水艦。否応なく軍事...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 環太平洋戦争4 資源は眠る
    国連は独立を求めて蜂起した東チモールを支持し、平和創設軍(PMF)派遣を決定。反発したインドネシア政府はマラッカ海峡封鎖で対抗する。いびつな経済成長とCIAの画策で燃え上がるアジア動乱。PMFの主力を担い陸自は正規軍に包囲されたディリ市に空挺降下、八八艦隊は民間船舶への攻撃が相次ぐマラッカで船団護衛の任につく。血と汗を流す貢献を求める声と、覇権主義への警戒の狭間で、日本への...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 環太平洋戦争5 南沙の鳴動
    アジアでもっとも富裕な産油国ブルネイで奇妙なクーデターが勃発。民主化を訴える王女がムスリム勢力やグルカ兵を実行部隊にして王政を転覆したのだ。国連は直ちに現状回復を決議、自衛隊を平和創設軍(PMF)として派兵する。歪んだ王政に正義はないが、放置すればテロリズムの温床と化すのは明白だった。だがグルカ兵の巧妙なゲリラ戦術に自衛隊の犠牲が続出、事態は泥沼の様相を。燃え盛るアジアの戦...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

環太平洋戦争 に関連する特集・キャンペーン