神遊び

神遊び

作者名 :
通常価格 583円 (530円+税)
紙の本 [参考] 627円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

同窓会に出席するため、七年ぶりに故郷の村を訪れた俊介。その日は、俊介が村を離れるきっかけになった祭りの日だった。七年前の祭りの夜、俊介は友達と五人で村に伝わる「神遊び」をしようと決める。成功すれば願いが叶うが、怖いものに遭うという噂もあって……。小さな冒険心が引き起こした悲劇、そして遺された者たちの後悔の行方は――。表題作ほか三編を収録。神と人をめぐる連作短編集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2021年09月02日
紙の本の発売
2021年07月
サイズ(目安)
1MB

神遊び のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年10月01日

    せっかく面白い設定なのに短編なのがもったいないなあ、と思いました。もっと掘り下げてほしかったけれど、謎が多いまま終わらせるのも、なんだか人間が踏み込めない未知の領域だから謎を明かすことができない、という感じがします。ただやっぱり物足りなさを感じてしまう…。山の怪異のような、もっと不思議なことが起こる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年08月02日

    20年前の作品の復刊だなんてことを知らずに手に取りました。「怖っ」と叫ぶようなホラーを期待していると拍子抜けしそうなぐらい素直。最後に嫌な一文みたいなこともなく、ほっとすらしてしまう物語です。

    車を乗り入れることが困難なほどの山間にある村に伝わる「神遊び」。そんな神遊びに思い出を持つ人々の連作短編...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年07月17日

    再販されたデビュー作なのですね。

    人里離れた村。
    村祭りで行われる不思議な儀式。

    横溝正史の世界のよう。

    誰でも心の中に色々なものを抱えている、それを鮮やかに描いた秀作。

    ですが、奇譚シリーズの続きも気になります。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています