わたしたちの教科書 第2話前編

わたしたちの教科書 第2話前編

作者名 :
通常価格 66円 (60円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

フジテレビ系列で放送された「わたしたちの教科書」のノベライズ。新任教師、加地耕平は、自分のクラスの明日香が授業に出ないことに気づき、コミュニケーションをとろうとする。頑なだった明日香が、「先生に会えてよかった」といって耕平に鍵を渡した翌日、校舎から転落死する。有能な女弁護士、積木珠子は、隠してきた過去につながるこの出来事を新聞記事で知る。事故か、自殺か、他殺か。生徒の死に隠された真実をめぐって、担任教師、女性弁護士、学校、それぞれの闘いがはじまった…。

ジャンル
出版社
扶桑社
電子版発売日
2011年02月10日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

わたしたちの教科書 第2話前編 のユーザーレビュー

レビューがありません。

わたしたちの教科書 のシリーズ作品 1~24巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~24件目 / 24件
  • わたしたちの教科書 第1話前編
    フジテレビ系列で放送された「わたしたちの教科書」のノベライズ。新任教師、加地耕平は、自分のクラスの明日香が授業に出ないことに気づき、コミュニケーションをとろうとする。頑なだった明日香が、「先生に会えてよかった」といって耕平に鍵を渡した翌日、校舎から転落死する。有能な女弁護士、積木珠子は、隠してきた過去につながるこの出来事を新聞記事で知る。事故か、自殺か、他殺か。生徒の死に隠...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第1話後編
    フジテレビ系列で放送された「わたしたちの教科書」のノベライズ。新任教師、加地耕平は、自分のクラスの明日香が授業に出ないことに気づき、コミュニケーションをとろうとする。頑なだった明日香が、「先生に会えてよかった」といって耕平に鍵を渡した翌日、校舎から転落死する。有能な女弁護士、積木珠子は、隠してきた過去につながるこの出来事を新聞記事で知る。事故か、自殺か、他殺か。生徒の死に隠...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第2話前編
    フジテレビ系列で放送された「わたしたちの教科書」のノベライズ。新任教師、加地耕平は、自分のクラスの明日香が授業に出ないことに気づき、コミュニケーションをとろうとする。頑なだった明日香が、「先生に会えてよかった」といって耕平に鍵を渡した翌日、校舎から転落死する。有能な女弁護士、積木珠子は、隠してきた過去につながるこの出来事を新聞記事で知る。事故か、自殺か、他殺か。生徒の死に隠...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第2話後編
    フジテレビ系列で放送された「わたしたちの教科書」のノベライズ。新任教師、加地耕平は、自分のクラスの明日香が授業に出ないことに気づき、コミュニケーションをとろうとする。頑なだった明日香が、「先生に会えてよかった」といって耕平に鍵を渡した翌日、校舎から転落死する。有能な女弁護士、積木珠子は、隠してきた過去につながるこの出来事を新聞記事で知る。事故か、自殺か、他殺か。生徒の死に隠...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第3話前編
    フジテレビ系列で放送された「わたしたちの教科書」のノベライズ。新任教師、加地耕平は、自分のクラスの明日香が授業に出ないことに気づき、コミュニケーションをとろうとする。頑なだった明日香が、「先生に会えてよかった」といって耕平に鍵を渡した翌日、校舎から転落死する。有能な女弁護士、積木珠子は、隠してきた過去につながるこの出来事を新聞記事で知る。事故か、自殺か、他殺か。生徒の死に隠...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第3話後編
    フジテレビ系列で放送された「わたしたちの教科書」のノベライズ。新任教師、加地耕平は、自分のクラスの明日香が授業に出ないことに気づき、コミュニケーションをとろうとする。頑なだった明日香が、「先生に会えてよかった」といって耕平に鍵を渡した翌日、校舎から転落死する。有能な女弁護士、積木珠子は、隠してきた過去につながるこの出来事を新聞記事で知る。事故か、自殺か、他殺か。生徒の死に隠...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第4話前編
    珠子は、喜里丘中学校でいじめがあったことを証明する手がかりを得るが、恋人の直之は、弁護士は憎しみに駆られて仕事をしてはいけない、と助言する。一方、耕平は、同僚の熊沢と酒を飲みに出かけ、とあるキャバクラを訪れる。そこは、希美が学校に内緒でキャバクラ嬢のアルバイトをしている店だった。耕平に気づいた希美は、学校に告げ口しないよう釘をさすと、熊沢を連れて直ちに帰るよう命じる。あくる...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第4話後編
    珠子は、喜里丘中学校でいじめがあったことを証明する手がかりを得るが、恋人の直之は、弁護士は憎しみに駆られて仕事をしてはいけない、と助言する。一方、耕平は、同僚の熊沢と酒を飲みに出かけ、とあるキャバクラを訪れる。そこは、希美が学校に内緒でキャバクラ嬢のアルバイトをしている店だった。耕平に気づいた希美は、学校に告げ口しないよう釘をさすと、熊沢を連れて直ちに帰るよう命じる。あくる...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第5話前編
    珠子は、喜里丘中学校に公開質問状を送付するが、その直後、クライサー法律事務所で副校長の雨木の姿を見かけ、愕然とする。一方、耕平は、突然、同僚たちから無視されるようになり、困惑していた。早紀は、そんな耕平に面倒な仕事を押し付けると同時に、剣道部の顧問まで担当させる。耕平は、雨木と早紀に怒りをぶつけ、何故いじめの実態について調査しないのか、とかみつくとともに、自分に対するいじめ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第5話後編
    珠子は、喜里丘中学校に公開質問状を送付するが、その直後、クライサー法律事務所で副校長の雨木の姿を見かけ、愕然とする。一方、耕平は、突然、同僚たちから無視されるようになり、困惑していた。早紀は、そんな耕平に面倒な仕事を押し付けると同時に、剣道部の顧問まで担当させる。耕平は、雨木と早紀に怒りをぶつけ、何故いじめの実態について調査しないのか、とかみつくとともに、自分に対するいじめ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第6話前編
    珠子は、直之から西多摩市と喜里丘中学校を相手取った訴訟から手を引かないのならクライサー法律事務所を解雇する、という最終通告を受ける。珠子は、訴訟となれば戦う相手は直之になることを承知の上で、解雇を受け入れた。その返事を受け、直之は、婚約も解消する、と彼女に告げる。同じころ、喜里丘中学校では臨時職員会議が開かれる。そこで副校長の雨木は、全校で徹底的ないじめの実態調査をするよう...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第6話後編
    珠子は、直之から西多摩市と喜里丘中学校を相手取った訴訟から手を引かないのならクライサー法律事務所を解雇する、という最終通告を受ける。珠子は、訴訟となれば戦う相手は直之になることを承知の上で、解雇を受け入れた。その返事を受け、直之は、婚約も解消する、と彼女に告げる。同じころ、喜里丘中学校では臨時職員会議が開かれる。そこで副校長の雨木は、全校で徹底的ないじめの実態調査をするよう...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第7話前編
    珠子は、戸板から、明日香の元担任だという三澤亜紀子に関する情報を得る。戸板によれば、亜紀子は病気を理由に休職したことになっているが、副校長の雨木との間にはトラブルもあったらしい。同じころ、直之は、宇田をともなって喜里丘中学校を訪れていた。珠子が訴訟を起こしてくると確信していた直之は、それに備えるために耕平や早紀、八幡らと個別に面談して、事件が起きた当日のようすを調査する。耕...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第7話後編
    一方、明日香が暮らしていた児童養護施設を訪れた珠子は、職員の西原に亜紀子のことを尋ねるが、有益な情報を得ることはできなかった。だが、その際、珠子は、明日香の持ち物のひとつだといって質札を手渡される。明日香は、質店からお金を借りていたらしい。そんな中、珠子は、戸板とともに亜紀子の家を訪ねる。しかし亜紀子は、明日香の事件にまるで関心を示さなかった。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第8話前編
    西多摩市立喜里丘中学校で起きた転落死事故から1年が過ぎた。珠子は、死亡した明日香はいじめを苦に自殺したものであり、副校長の雨木や明日香の担任だった耕平ら教員たちはいじめの予見ができたにもかかわらずその対策を怠ったとして、西多摩市を相手取って民事裁判を起こしていた。一方、被告の弁護を担当する直之は、口頭弁論でいじめの事実は存在しないと主張し、真っ向から対立。裁判の争点は、いじめ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第8話後編
    1回目の証人尋問の日、珠子は、証言台に立った耕平に、明日香から受け取ったコインロッカーの鍵とその中にあったカバンのことなどを尋ねる。さらに珠子は、耕平がいじめの存在と自らの非を認めた音声を証拠として提出。それに対して直之は、明日香の不安定な言動の原因は彼女の複雑な家庭環境にある、と主張し、珠子と明日香の関係について耕平に質問。耕平は、事前に直之と打ち合わせしていたとおり、珠子...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第9話前編
    裁判で苦戦を強いられている珠子に追い討ちをかけるかのように、週刊誌には彼女に関する中傷記事が出始めていた。珠子は、自分が捨てた子どもの事故死をネタに、中学校を脅迫する悪徳弁護士だというのだ。そんな折、戸板は、耕平と早紀の会話を偶然耳にし、明日香の教科書が隠してあった保管庫の暗証番号をコースターに書いて耕平に教えた人物がいることを知る。戸板からコースターのコピーを手渡された珠...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第9話後編
    一方、直之も、雨木とともにその人物の特定を急いでいた。珠子に説得されて学校側に不利な証言をする前に、手を打たなければならないのだ。直之たちは、教師たちの中で不審な行動を取る者がいないか、さっそく調査を開始する。そんな中、珠子は、コースターに描かれていたロゴマークを元に、『FLYING ELEPHANT』というクラブを訪れる。同じころ、耕平は、熊沢に誘われて繁華街で飲んでいた。その際、熊沢...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第10話前編
    珠子は、喜里丘中学校の熊沢に、学校内でいじめがあることを認めさせる。あらかじめこうした事態も予測していた直之は、戦略を変えようと副校長の雨木に提案した。それは、学校内でいじめがあったことは認めながらも、明日香の死はあくまでも事故であると主張するというものだった。しかし雨木は、いじめはなかったという主張は変えない、と譲らなかった。重要なのは裁判に勝つことではなく、学校と、残っ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第10話後編
    法廷を後にしようとしていた珠子の前に現れたのは、兼良陸の母・由香里だった。由香里は、裁判のせいで陸が傷つけられたと激しく珠子を非難すると、法廷の場で本人の口から無実を証言させる、と言い出す。訴訟は学校側の管理責任を問うものであり、生徒を巻き込むつもりはない、という珠子の説得にも耳を貸さなかった由香里は、陸を法廷に立たせてしまう。同じころ、朋美は、学校近くの道で不審な男を目撃...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第11話前編
    珠子は、法廷の場で、遂に喜里丘中学校の副校長・雨木と対峙する。被告代理人である直之から、明日香との思い出について尋ねられた雨木は、彼女とはたわいのない会話をしながらよく一緒に下校した、と答えた。さらに、そういった交流の中で、明日香から将来の夢を聞いた、と語り、涙をこらえる雨木。珠子は、そんな雨木の姿に、不審を抱く。同じころ、耕平は、早紀とともに、希美や戸板、八幡、熊沢に声を...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第11話後編
    反対尋問に臨んだ珠子は、落書きされた教科書の件や、兼良が明日香をいじめている、という三澤亜紀子の証言などについて雨木に尋問する。しかし雨木は、すべては明日香の狂言だと証言する。その上で雨木は、純粋さと残酷さを併せ持ち、ときに嘘をつくこともある子どもたちの善悪双方を全身全霊で受け入れるのが教師だと答えた。そのとき、傍聴席から静かに出て行く男の姿があった。それは、雨木の息子・音...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第12話前編
    珠子は、自ら法廷で証言することを望んでやってきた朋美を、原告側証人として申請する。一方、喜里丘中学校の職員室では、音也が兼良陸の背にナイフを突きつけていた。音也は、雨木の言葉にも耳を貸さず、いまから自分がこの学校のいじめを解決する、と皆に宣言する。陸を助けたいなら身代わりになって死ねるか、と音也に問われた教師たちは、動揺を隠せなかった。すると、雨木が、自分が身代わりになる、...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • わたしたちの教科書 第12話後編
    同じころ、証言台に立った朋美は、小学校2年生のときに転校生としてやってきた明日香とは出会ったその日から親しくなったことや、学校の帰りにふたりだけの秘密の場所で過ごしたことなどを話し始める。明日香と朋美は、その場所で、喜びも悲しみも半分ずつ分け合いながらずっとふたりで生きていこう、と誓い合っていた。しかし、ある出来事がきっかけで、その関係にも変化が生まれたのだという。物語はいよ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています