ATARU I

ATARU I

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 565円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

警視庁捜査一課の蛯名舞子は、チョコザイと名乗る青年に出会う。彼は舞子には理解できない行動をとるが、事件の証拠を目にすると、突然難解な、しかし事件解決の重要な手がかりとなる単語をつぶやいた。舞子は上司である沢俊一とともに、チョコザイがつぶやく単語をもとに事件を次々と解決していくが──。謎めいた過去を持つサヴァン症候群の青年と、2人の刑事が難事件を次々と解決していく、新感覚ドラマの完全ノベライズ第1弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
シリーズ
ATARUシリーズ
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2012年04月
サイズ(目安)
1MB

ATARU I のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年06月21日

    面白い。こういうの好きw
    すぐ読めて、そこが物足らない気もするけど、軽妙ですね。
    台本とか、映像のも見たくなったな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月04日

    ドラマが面白かったので、今さら読んでみました。あっという間に読める。このての脚本家さんの本を最近、読み漁ってます。外れはないですからね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月13日

    短編連作。
    サバン症の男の人が、ちょっとしたきっかけで警察の人に世話になり、なんとなく事件に関わってヒントをだしたりして解決していく話かな?
    ギャグなんだろうけど、あんまり笑えない感じで、なんか物足りない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月18日

    なんだか、すかすかな感じの上、
    話が途中で終わってしまい、
    何とも……

    ドラマをみていないので、みてから読んだほうがいいのかも!?

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年12月06日

    このドラマ大好きで、本放送で観て、ブルーレイでも観返しています。中居君のチョコザイ君かわいかったなぁ。舞子、澤先輩とのトリオザアタルのやり取り面白いし。テレビでは端折られていた細かい話が詳しくわかるし、小説も楽しめます。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年08月31日

    TVでやっているのを見て、ちょっと読んでみました。
    軽い感じでサクサク読めました。
    刑事物です。推理小説になるんですかね?突っ込みどころは
    多い気がしますが、そこが面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

ATARU のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • ATARU I
    550円(税込)
    警視庁捜査一課の蛯名舞子は、チョコザイと名乗る青年に出会う。彼は舞子には理解できない行動をとるが、事件の証拠を目にすると、突然難解な、しかし事件解決の重要な手がかりとなる単語をつぶやいた。舞子は上司である沢俊一とともに、チョコザイがつぶやく単語をもとに事件を次々と解決していくが──。謎めいた過去を持つサヴァン症候群の青年と、2人の刑事が難事件を次々と解決していく、新感覚ドラマの完全ノベライズ第1弾。
  • ATARU II
    550円(税込)
    チョコザイをアメリカに連れ帰ろうとしたラリー井上は、偶然沢と舞子を見かけたチョコザイが、自ら捜査に参加しようと行動を起こしたことに衝撃を受ける。チョコザイが次々と事件を解決していたと知り、ラリーは彼を沢たちのそばに置くことに決めた。一方、沢と舞子は突然現場にチョコザイが現れたことに驚きながらも、再び力を借りて事件を解決していくが……。話題の新感覚ミステリー、ノベライズ第2弾!
  • ATARU III
    550円(税込)
    チョコザイ──本名、猪口在。アタルはFBIの特別な訓練を受けた捜査官候補生だった。ラリーはアタルの能力が舞子によって開花すると気づき、舞子をアメリカに誘う。沢はそんなラリーを激しく警戒している。そんなとき、アタルの家が見つかったという知らせが。そして、舞子の母の死にある疑惑が持ち上がる。アタル、沢、舞子、それぞれが追い求めてきたものが、とうとう明るみに出始めた──。新感覚ミステリー、怒濤の結末!

ATARU の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング