アホは神の望み

アホは神の望み

作者名 :
通常価格 599円 (545円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

今の世の中、みな「少しでも早く」「少しでも賢く」「少しでも無駄なく」「少しでも損をしないように」と目先のことばかり気にしているのではないでしょうか? 遺伝子工学の第一人者である筑波大学名誉教授の村上和雄氏が、自分の研究成果である遺伝子ONの話、有名な科学者の逸話、大きな悲劇から立ち直りつつある方々の話などからさまざまな例をあげ、ほんとうに豊かで幸せな「神の望むアホな生き方」とはどんなもので、どのようにたどりつけばいいのかを語ります。

ジャンル
出版社
サンマーク出版
ページ数
204ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

アホは神の望み のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年04月27日

    人は生きているのではなく、生かされているのだ。
    その教えを胸にいだき、謙虚でいたい。
    いい遺伝子のスイッチをオンにできるよう、笑顔でいたい。人生は勝ち負けではないけど、生きている間、たくさん笑えたことが幸せのバロメーターであるには違いない。
    優れた成果をあげる人や、大きな発見をする人は、総じて、どこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    奇抜な題名だか、内容はかなり濃い。

    見逃しがちな笑いの効用のすばらしさ。

    この本には救われた気分だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    いろんな神感がありますが、この本や「遺伝子の暗号」からミクロ遺伝子の世界からみえた神を伺うことができます。
    この方の講演を聴いたことがあります。面白い方でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    アホってイイ響きだ♪
    この考え方を得て、1つ賢くなった気がします。

    「がんばらない、(でも)あきらめない♪」
    「笑って過ごそう♪」

    〜以下、抜粋〜

    遺伝子情報レベルで比較すれば
    人間とチンパンジーは
    98.8%同じ生き物だということ。
    (中略)
    この遺伝子情報の違いを
    こんどは人間同士の個体差...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この本のすごさは、1回読んだだけじゃわからない(と思う)。

    もっともっと、繰り返し読んでいくことで、ジワジワッと効いてくる本だと思う。

    読み返し続けたい本の1冊。


    以下、メモ。

    ______________________________________




    「笑い」はクスリ、それも副...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    少なからず遺伝子の世界で言えば、
    私たちはここにいるだけで
    奇跡で貴重な存在であるという。

    というのは、

    私たちはいまだ1つの細胞も作ることができない。

    そんな細胞が60兆個も集まって
    私たちは作られているからだ。

    そして、

    私たちには
    考えることと感じることができる
    すばらしい能力を持っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月13日

    TVhアナウンサー 千葉真澄さん
    (有)アプロス 代表取締役 杉岡清俊さん
    オススメの一冊
    「アホは神の望み/村上和雄」
    porocoさんとTVhさんのタイアップ取材で
    千葉アナがご来店くださった際に、話題に上がった一冊。
    折しも、◯◯さんの本棚企画「Book's Delight」で
    当店...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月07日

    『アホ』というカテゴリーも幅は広いけど、世の中にインパクトを与えるということは、一見的外れに見えるようなことでも、やってみるという勇気が必要だと思った。本人は勇気とも捉えていないことがあるけど(笑)そんなアホになりたいなぁと思える一冊です(^-^)/

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月13日

    筆者の父、祖母がある宗教に関わっていたことを考慮しても小林正観氏と同様なことを科学者が言っていることに驚きました。サムシング グレートを敬うのですね。利他の心なのですね。直ぐに利己になる自分を反省します。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月03日

    愚直であれ。

    しかし愚直であるだけではだめだ。やはり気持ちがピュアでなければ。
    そして、継続する力、忍耐、がまん強さがなければ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています