有料版の購入はこちら
通常価格: 165円
 (150円+税)
獲得ポイント:

0pt

いまだけ2冊無料

新刊オート購入

書店員のおすすめ

今彼と元彼の間で揺れる、彼女の心は…?
本作は今彼と元彼の間で揺れ動くアラサー女子のリアルな恋愛模様を描いた作品です!

同棲4年目、結婚のことを全く考えない彼氏・尚紀に不満を抱く主人公のゆう。
彼女の誕生日よりもゲームを優先する彼に嫌気がさした彼女は、勢いに任せて家を飛び出し地元に帰ってしまう。そんな彼女の前に現れたのは、高校時代に付き合っていた元彼で…
「誕生日おめでとう」
彼氏が忘れていた自分の誕生日を覚えていてくれた、元彼・深見。尚紀と全く違う彼の優しさに、ゆうはどんどん惹かれてゆき――

「弁当は水につけてね」「脱いだら洗濯機に入れて」「ゲームする暇あるなら少し手伝って」…私はお母さんじゃないのよ、と思わず言いたくなるような状況、経験したことがある方も多いのではないでしょうか。
本作品はそのような尚紀のお子様っぷりや、それに対するゆうの心境が非常にリアルに描かれています。ゆうよ、どうか幸せになってくれ…!そう願わずして読むことはできません!感情移入しながら先へ先へと読み進めてしまいます。

果たしてゆうは、どのような決断をするのでしょうか?
彼女の行く末を、ぜひご覧ください!

花嫁未満エスケープ(1) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    ちょん 2021年02月17日

    リアル

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    わかるなぁ

    2021年01月10日

    昔の自分かと思った笑
    お母さんみたいなこと続けて相手に縋ってた毎日から逃げ出した自分のこと。
    幸せになってほしいなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    (匿名) 2020年12月02日

    期待しないで読んだら思いのほかよかった。
    取捨選択…大人になればなるほど身動きをとることに臆病になる。
    主人公がどんな選択をするのか気になります。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    彼のどこがいいんだろう?

    hira.kou18218 2020年11月20日

    同棲中に相手を見れて冷静に判断できる時期に両目を開けてみるべきだなぁ。
    同棲中の彼はお子様すぎて、、、。
    今なら元彼とうまくいくように思うけれど、続きがとても気になります。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    広告から気になって読みにきた

    m 2021年02月08日

    自分勝手な怠慢彼氏にイライラするけど続きが気になります!なのでつい購入!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    キュンキュン

    2021年02月06日

    結婚もしずに女をいいように使うのが、同棲だよなって改めて思ってしまった。もっと早く切って別の男捕まえるべき!!!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    なんか

    あちみ 2020年11月21日

    自分の今と重なりすぎる

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    心が痛い

    M 2020年11月13日

    男ってこうですよねって思いながら読んでました
    続きが気になります

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    いたい

    とととと 2020年07月22日

    読んでて痛い程にわかるところが多すぎて、自分の話かと思った…
    さくさく刺さりました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    どきどき

    2021年02月11日

    私も主人公と同じ立場になりかけてて、自分と重ねてしまいました。

    このレビューは参考になりましたか?

花嫁未満エスケープ のシリーズ作品 1~14巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~14件目 / 14件
  • 花嫁未満エスケープ(1)
    「結婚のこと、どう考えてるの?」って「今日の晩ご飯、どうする?」くらい簡単に聞けたらいいのにな。付き合って6年・同棲4年目を迎え、マンネリ気味の日々を過ごしているゆうは結婚になかなか踏み切らない彼氏の尚紀(なおき)にもやついていた。27歳の誕生日当日。ちょっとしたことがきっかけで怒りを抑えきれず、家を飛び出したゆうの前に現れたのは高校時代の元彼・深見(ふかみ)だった――。今彼と元彼、ゆうがしたい結婚を叶えてくれるのは……?(vol.1収録)
  • 花嫁未満エスケープ(2)
    彼氏に腹を立てて実家に帰ってきたゆうを見つけた深見(ふかみ)は彼女をデートに誘う。10年振りの再会に緊張しつつも、深見との時間を過ごすうちにゆうの枯れた心は満たされていき……そんな時、家に置いてきた彼氏からの連絡にゆうは――(vol.2収録)
  • 花嫁未満エスケープ(3)
    尚紀(なおき)を置いて2日間留守にした家は、唖然としてしまうほど綺麗になっていた。掃除も洗濯も片づけも、やればできるのに何もやらなかったのはなぜ…?彼氏への怒りと戸惑いを抱えたまま出勤したゆうは後輩の美沙(みさ)に昨日と今日の一部始終を相談すると、思いがけないアドバイスをくれて……(vol.3収録)
  • 花嫁未満エスケープ(4)
    ゆうが帰ってこないイライラから飲み会でつい飲みすぎてしまった尚紀(なおき)。飲み過ぎたって体調が悪くたって、いつもならゆうちゃんが付きっきりでお世話してくれるのに…。耐えかねてかけた電話越しに聞こえてきたのは……(vol.4収録)
  • 花嫁未満エスケープ(5)
    翌朝目覚めると、尚紀(なおき)の携帯には「今夜帰る」という連絡がゆうから来ていた。彼女が帰ってくる喜びと同時に、気にかかるのが昨夜の電話口から聞こえてきた“男”の声。不安と嫉妬を抱えながら出社すると、上司から紹介されたのは取引先の建築デザイナー・深見(ふかみ)という男で…(vol.5収録)
  • 花嫁未満エスケープ(6)
    深見(ふかみ)に鍵を返し、話し合うために尚紀(なおき)の待つ家へ帰ってきたゆう。朝起きるとベッドに彼の姿はなく、リビングでせわしなく家事をする姿が目に飛び込んできた。今まで全部まかせっきりだったのに、その姿はまるで“昔の私”みたいに一生懸命で……。不自然な彼の振る舞いに戸惑いつつ、尚紀との日常を過ごしてみたけれど……。(vol.6収録)
  • 花嫁未満エスケープ(7)
    尚紀(なおき)に突然触れられて、とっさに顔を背けてしまったゆう。その理由を深見(ふかみ)のせいだと問い詰められ、ついムッとしてしまった彼女から今までずっとこらえてきた本心が伝えられて…。6年もの間、同棲相手に結婚をうやむやにされてきたゆうが出した答えとは……?(vol.7収録)
  • 花嫁未満エスケープ(8)
    「これからは好きなことして生きるんでしょ?」そう言って、ゆうの手を引いて家に連れて帰った深見(ふかみ)から聞かされたのは、彼が別れてからもずっとゆうのことを忘れられずにいたという事実。今まで我慢してきたことを手放して「自由」になったゆうは、彼との幸せな時間に身をゆだね……。(vol.8収録)
  • 花嫁未満エスケープ(9)
    昨日の一部始終をmellow's女子会で報告するゆう。ゆうの頑張りをたたえてくれた亜衣(あい)と美沙(みさ)に「これから付き合っていくんですよねぇ~?」と聞かれたが、その質問にすぐには答えられず――。今後のことを考えながら最寄り駅に着くと、深見(ふかみ)が迎えに来てくれていて……。(vol.9収録)
  • 花嫁未満エスケープ(10)
    「ゆうを返してくださいよ」と、振られた彼女のことを“モノ”扱いする尚紀(なおき)とついに対峙した深見(ふかみ)。 独りよがりな元カレと寄り添って温めてくれる今カレ。 立場が逆転した男二人の、ゆうを巡った言い争いの行方は……。(vol.10)
  • 花嫁未満エスケープ(11)
    深見(ふかみ)が待つ家に帰り、尚紀(なおき)が職場まで会いに来たことを伝えたゆう。 「何かあってからじゃ嫌なんだよ」とゆうを気遣う深見の提案で、彼が明日、お店に迎えに来てくれることになり……。(vol.11収録)
  • 花嫁未満エスケープ(12)
    ゆうへの未練を断ち切れない尚紀(なおき)はある行動に出る。一方その頃、ゆうは深見(ふかみ)との買い物デートを楽しんでいた。深見から二人のこれからを想像させるような話をされたゆうだったが……?(vol.12収録)
  • 花嫁未満エスケープ(13)
    深見(ふかみ)との生活に慣れてきた頃、無意識のうちに彼に尽くしてしまうことに気づいたゆう。そんな彼女を気遣い「ゆうの幸せ」を第一に考えてくれる深見だけれど、ゆうはその優しさに違和感を覚えてしまい……?(vol.13収録)
  • 花嫁未満エスケープ(14)
    続巻入荷
    「このままプロポーズしていいのか……?」 時は遡り、3年前ーー。ゆうに内緒でサプライズプロポーズをしようと意気込んでいた尚紀(なおき)だが、誕生日当日に店長昇進が決まったことを嬉しそうに報告する彼女を見て、不安を感じてしまい……? ゆうも知らなかった尚紀の気持ち。幸せだった頃の二人の歯車が噛み合わなくなった一瞬をお届けします。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています