「ランディ・パウシュ」おすすめ作品一覧

「ランディ・パウシュ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/17更新

ユーザーレビュー

  • 最後の授業 ぼくの命があるうちに
    46歳で癌によって余命半年を宣告された大学教授である筆者が愛する子供たちと次世代を担う若者のために行った「最終講義」を書籍化したものです。そのテーマは「夢の叶え方」何度読んでも心動かされます。

    僕が本書を取るきっかけとなったのはNHKで深夜帯に放送されていた 筆者の「最後の授業」の映像でありました...続きを読む
  • 最後の授業 ぼくの命があるうちに
    やりたいことをやる、自由に生きることの大切さをひしひしと感じられる。あと、家族についてのところは、本当に泣いてしまいそう。
  • 最後の授業 ぼくの命があるうちに
    誰の元にも死は必ず訪れる。
    その日がいつなのかはわからない。
    だとしたら、毎日懸命に生きるしかない。
    だって、生きてるって、
    それだけで素晴らしいこと。
  • 最後の授業 ぼくの命があるうちに
    バーチャルリアリティの第一人者であった
    ランディ・パウシュ。愛する妻と3名のわが子と
    共に幸せな日々を送っていたある日、
    癌の転移・余命半年宣告をされる…

    まだ46歳。
    もし自分が同じ立場だったら受け入れる事も
    出来ないのではないかと思う。
    そんな中、彼が決意したのは「最後の授業」。

    最後の教壇...続きを読む
  • 最後の授業 ぼくの命があるうちに
    動画を先にみたので、内容はかなり重複
    でも講義の背景など、その時の思いや講義には無い内容も含まれている。

    この本は子供たちのために書かれている。
    大きくなって教えれないことを、ここにまとめている
    人が、ここまで強くなれるのかと愕然とし、
    人とは、一体何なんだろうかと考えされる