「堀内一史」おすすめ作品一覧

「堀内一史」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/07/24更新

ユーザーレビュー

  • アメリカと宗教 保守化と政治化のゆくえ
    アメリカは良くも,悪くも宗教の国なのだろう。

    キリスト教(プロテスタント,ローマカトリック),ユダヤ教、イスラム教,モルモン教
    が5大宗派らしい。

    それぞれにさらに細かい宗派があるようだ。

    政治の保守化と宗教の関係が垣間見える。
  • アメリカと宗教 保守化と政治化のゆくえ
    ブッシュとオバマの政権交代以降、アメリカの保守と革新の背景に興味を持った。大統領選挙からわかるように、海外沿いと南部、中西部ではっきり青(民主党)と赤(共和党)に分かれる。特に共和党の支持基盤であるキリスト教福音派の影響力がアメリカの政治を動かしている様子が見て取れる。
  • アメリカと宗教 保守化と政治化のゆくえ
    ●内容紹介
    アメリカは、二億人を超えるキリスト教徒を抱え、その八割が「天地創造」を信じ、教会出席率・回心体験でも群を抜く保守的な宗教大国である。一九七〇年代以降、宗教右派が政治に参入し、レーガンの大統領当選に貢献するなど、表舞台に登場。二一世紀以降、ブッシュ、オバマは宗教票を無視できなくなった。本書...続きを読む
  • アメリカと宗教 保守化と政治化のゆくえ
    ●内容

    アメリカは、二億人を超えるキリスト教徒を抱え、その八割が「天地創造」を信じ、教会出席率・回心体験でも群を抜く保守的な宗教大国である。一九七〇年代以降、宗教右派が政治に参入し、レーガンの大統領当選に貢献するなど、表舞台に登場。二一世紀以降、ブッシュ、オバマは宗教票を無視できなくなった。本書は...続きを読む
  • アメリカと宗教 保守化と政治化のゆくえ
     「宗教が政治とどのように結びついて、ここ一〇〇年のアメリカ社会に影響を与えてきたか」(p.269)を解説したもの。最近出た文春新書の『熱狂する「神の国」アメリカ』と内容が似ているが、文春新書の方が建国からの歴史、ユダヤ教なども含めて宗教全般を扱っているのに対して、こちらの方は二〇世紀の、宗教保守・...続きを読む