「堤清二」おすすめ作品一覧

「堤清二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/10更新

ユーザーレビュー

  • 無印ニッポン 20世紀消費社会の終焉
    面白かった。堤を知るほどこの人の目指した戦後日本の理想を知りたくなる。セゾン崩壊以降の社会はある種の文化空洞化って感じるのは俺世代くらいで終了してると思うけど。
  • 無印ニッポン 20世紀消費社会の終焉
    三浦氏の「生活を愛せない人が増えたと思う」に妙に納得してしまった。
    暮しを便利にする家電やシステムを誰もが利用できるようになり、その恩恵を受けて生活はより豊かでゆとりのあるものになっていってよいはずなのに、実際には、24時間化した日々の暮しにゆとりはなく、追い立てられるような忙しさを感じながら生きて...続きを読む
  • 無印ニッポン 20世紀消費社会の終焉
    三浦 展の本をちょっと続けて読んでみようかと思ったきっかけの本。まだまだ読みが浅い。同じものを見ていても感覚的にしか分からないんじゃだめ。でもね。学者が視野が狭いってみんなそうじゃん。驚くようなことか?仕事もしたことのない学者に視野のひろさを求めるほうが間違ってる。
  • 無印ニッポン 20世紀消費社会の終焉
    「ファスト風土化」:駅前にファストフードや居酒屋のてぇーン店ができたり、郊外に大型ショッピングセンターが登場したりして、駅前の商店街がさびれ、画一化が進むこと。

    「無印良品」は「反体制派」商品である。体制とは「アメリカ的豊かさ」と「ファッション性」の2つを追求することである。

    「共費」:部屋をも...続きを読む
  • 無印ニッポン 20世紀消費社会の終焉
    セゾングループの二人なのでノスタルジー対談かな?と思ったが、さまざまな未来提言を含めた読み応えのある内容であった。