「戸矢理衣奈」おすすめ作品一覧

「戸矢理衣奈」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/07/27更新

ユーザーレビュー

  • エルメス
    平均年収400万円の旅館がある。サービス業界にあっては、特異な存在といえるだろう。
    神奈川は鶴巻温泉に陣屋という旅館がある。旅館としては珍しく、定休日が週に2日ある旅館だ。客単価は4万5千円となっており、高い生産性を誇る事例として先日、日経新聞に紹介された。

    エルメスは、誰もが知る高級ブランドだが...続きを読む
  • 銀座と資生堂―日本を「モダーン」にした会社―
     銀座を代表する顔の1つに上げられるのが、シャンプーの「TSUBAKI」などで有名な資生堂が浮かんでくる。あの資生堂の歴史と初代社長の福原信三(1883-1948)に注目した著者が、博士学位論文をもとにしたのが今回の本。

     意外だと思ったのが、最初から銀座にあったのではなく、創業から半世紀あまり「...続きを読む
  • エルメス
    プレミアムブランドが、こんなにもグループ化してしまっていたのに、驚きだった。デュマ氏の、「今後、数十年間を通じて、伝統的工芸品であるわが社の商品をいかに残していくか、ということが最大の課題である」という言葉、実際の職人の保護育成の取り組み、教育活動、メセナ活動など、エルメスの商品を支えているのは、こ...続きを読む
  • 銀座と資生堂―日本を「モダーン」にした会社―
    資生堂パーラーが銀座にあるということを知っていても、タイトルを見て「銀座と資生堂」の関係にピンとくる人はそれほど多くないのではないだろうか。著者の博士論文を元に、現在の銀座の原型ととそれを作りあげた資生堂の関係を解き明かすのが本書。

    広告や美容史に本格的に関わったことにある人間であれば、資生堂と「...続きを読む
  • 銀座と資生堂―日本を「モダーン」にした会社―
    私企業の経営者とはいえ、我が身(自社)がカワイイだけじゃだめですね。自社がお世話になっている 街、地域がどうあるべきか?どう成長していくか?という大局的な視点だけじゃなくて、その具体的な行動も伴って、結果、自社も成長する。

    これ、今でこそCSRというカッコイイキーワードだけど、江戸~明治においても...続きを読む