「リチャード・マシスン」おすすめ作品一覧

「リチャード・マシスン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/12/27更新

ユーザーレビュー

  • 縮みゆく男
    初マシスンと思たら、「奇術師の密室」を読んでいた。
    翻訳苦手やけど大変読み易かった記憶が。訳者の方が同じ。
    他界されたのか…追いかけてみようと思う。

    そしてこちらもスラスラ読ませていただいた。面白い…。
    マシスンも追いかける。
  • 縮みゆく男
    主人公のスコットが小さくなるにつれて、
    人間としての存在価値といったものが変質して、
    失われていく様が生々しい。

    一日ごとに少しずつ小さくなるというチープな設定も、
    巧みな心理描写がされているので、
    質の良い思考実験のような印象を受けた。

    安直なSFサスペンスではなく、
    人間の存在意義とは何かと...続きを読む
  • 縮みゆく男
    毎日縮み続けていく男の人話。SFの古典として読んでみたけど、名著と言うだけあって、単なるホラー、SFでは終わらないメッセージが入っているのが伝わってくる。縮み続けて身長がゼロ以下になった時に人間はどうなるのか?
    何となく展開は読めるけど、
    クライマックスまで話のもって行き方や主人公の気持ちのもって行...続きを読む
  • 縮みゆく男
    人間が生きる理由、存在の尊厳、死に対する向き合い方を、虫よりも小さくなっていく主人公という荒唐無稽な設定で緻密に練り上げた物語を通じて考えさせられる、SFの名作。
    景色や心理描写が細かい分、なかなか読むのが個人的に辛い面もありましたが、気付くと物語の世界に入り込んでいて、さすが巨匠って感じです。
  • 縮みゆく男
    1日に3.6mmずつ縮んでいく男の最後の1週間。6日目には3.6㎜だった身長は翌朝には消える運命と思いきや?
    SF的発想はそれだけ。あとは不条理劇です。
    妻の身長を下回った時に夫の尊厳は失われ、娘の身長を下回った時に父親の尊厳が失われ、ドールハウスに暮らすようになると人間としての尊厳さえ失われる。殆...続きを読む