「村松岐夫」おすすめ作品一覧

「村松岐夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/10/31更新

ユーザーレビュー

  • 日本の行政 活動型官僚制の変貌
    現在に通じる行政の役割、あり方とその変化。
    完全はなく、時代と他者との関係において、より良いものであることができるか。

    ・小規模な国家行政と地方行政、外郭団体、民間団体の最大動員(監督・指導)
    ・セクショナリズムのメリット・デメリット(情勢変化)
    ・政官関係(活動量と自律性)
    ・行政改革と地方分権
  • 日本の行政 活動型官僚制の変貌
    【読書その39】本書は、1994年に長きに渡った自民党単独政権、55年体制が崩壊した後の行政システムの在り方について論じた本。
    著者である京都大学名誉教授の村松 岐夫は、日本の行政の大きな特徴として、最大動員システムをあげる。それは人的リソース、資金、制度等のあらゆるものを、目的に向かって、能率的に...続きを読む
  • 日本の行政 活動型官僚制の変貌
    日本の官僚の政策について書かれている本です。
    許認可行政…ネオリベの視座に立ったら断罪されるべきことなんだろうけど、純粋に「日本」のことを考えるなら賛美されるべきだと思った。