「荒井ママレ」おすすめ作品一覧

「荒井ママレ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/08/07更新

ユーザーレビュー

  • おもいでだま(1)
    記憶を取り出すあめ玉の話で、それによって人の人生が動いていくお話。オムニバス形式で読みやすいし、いろいろ考えさせられる。どんなにつらい思い出でも、記憶を取り出さずに、それを乗り越えようとすることが人を強くするんだなと思える。そう書くと記憶の切り取りには意味がないように思えるが、他人の記憶を見て人が変...続きを読む
  • おもいでだま(2)
    2巻では、思い出を切り取ることで絶望を消し去るケースや記憶の売買のことが描かれている。なかでも、「いとしのエリー」は名作。なんとなく展開が読めるものの、丁寧に描かれているため、感動をそそる。巻末のお話が、MSCの会社がきちんと出来上がる前のことを描いているので、3巻での動きが更に気になる。
  • 461個の弁当は、親父と息子の男の約束。
    原作大好きだもんで、どんな風にマンガなったかな~と。ラスト近くに息子目線になったり、このページ数にきれいにまとまっていた。調理工程は「なに食べ」の影響がみられるものの、原作の男くささをマイルドに、読みやすい工夫ちらほらあった。
  • ヒバナ 2016年1/10号
  • おもいでだま(4)
     記憶と共に生きる。それを取り出す取り出さない関係なく、人間は記憶に縛られる。ならば記憶をどう扱うのが正解なのか、良い答えを出してくれた最終巻でした。

     誰かの思い出の中に生きる自分。自分の記憶をどんなに取り出そうとも誰かの中に生きる自分は必ずいる。そう考えるとこの作品で存在したMSCは本当の意味...続きを読む