「Gパスカルザカリー」おすすめ作品一覧

【Gパスカルザカリー】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/10/14更新

ユーザーレビュー

  • 闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達
    デイブ・カトラー率いる開発チームによる、Windows NT完成までの軌跡を描いた本。現在のWindowsの基礎となるOSの完成秘話はとても面白く最後まで一気に読めた。また猛烈な働きぶりや、品質に対する意識の高さ、端々に織り込まれたエンジニア哲学がとても印象に残った。
    あとはこれだけの大規模開発チー...続きを読む
  • 闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達
    * 当たり前なのだけど、みんな価値観が違うというのを最確認できた。
    ** 読む前は NT 開発時のデスマの話ぐらいしかイメージがなかったのだけど、登場するエンジニアの価値観の多様さに驚かされた。漠然と MS であればスキルが高いエンジニアがいるのだから、それなりにまとまっているのかと思っていたのだけ...続きを読む
  • 闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達
    Windows NT開発のノンフィクション小説。NT開発なのでだいぶ昔の話だが、現在のソフトウェア開発に通じる話も多く、楽しく読むことができた。当時ソフトウェア開発を行っていた自分としては、この巨大なシステムを闘い抜くチームの話は非常に内容が濃く、衝撃を受けた。主人公デビッドカトラーが、チームリーダ...続きを読む
  • 闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達
    いまさら?という感じですが読みました。Windows NTの開発物語ということですが、古さは感じませんでした。今と違うのはスケールだけであり、同じような光景はきっとあちこちで繰り広げられているのでしょう。それは進化がないということを意味するのではなく、進化を凌駕する複雑さの爆発的拡大を意味するのだろ...続きを読む
  • 闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達
    チームワークと聞いて思い浮かべる麗しい姿はどこにもなく、ドラマチックな展開が巻き起こるわけでもなく、ただただ泥臭く立ち向かう描写が続く。だからこそ「月並みな仕事しかできないのは、才能がないからではない。意思に問題があるからだ」という言葉が突き刺さる。